披露宴二次会案内状の書き方

披露宴二次会は、結婚式と違って仲間内や親しい人を呼んでのパーティといったカジュアルなスタイルになる場合が多くなります。よって、披露宴二次会の案内状も形式ばった文面よりもよりフランクな言葉使いの文面になったり、カラフルでポップな案内状になる傾向があります。


披露宴二次会案内状の書き方のポイント

披露宴二次会案内状を返信用はがきで出す場合の案内文の書き方

披露宴二次会案内状の基本スタイルは以下のようになります(なお、書く順番に決まりはありませんが、以下の順で書くのが一般的です)。

  1. 「披露宴二次会の招待状」といったタイトル
  2. 新郎・新婦の名前(右揃えで書くと良いでしょう)
  3. 新郎新婦が結婚することになった報告と披露宴二次会へ招待する旨を簡潔に書く
  4. 「日時」「受付開始時間」「披露宴開宴時間」「会場(会場名、住所、電話番号)」
  5. 会費(無料の場合は無料、男性女性で会費が違う場合は男性〇〇円、女性〇〇円と明記)
  6. 最寄の駅から披露宴二次会会場への地図
  7. 幹事の名前と連絡先

披露宴二次会案内状を返信用はがきで出す場合の返信面の書き方

披露宴二次会案内状の返信用はがきには、以下のような内容を書いておきます。

  1. 「ご出席」「ご欠席」(それぞれの前にチェックを入れやすいようにチェックボックスを書いておく)
  2. 披露宴二次会に出席(または欠席)する人の「住所」「氏名」「連絡先電話番号」
  3. 披露宴三次会も予定しているようであれば、披露宴三次会の出欠に関しても記載

なお、披露宴二次会の企画やネタに困っているのであれば、アンケートなどの項目を設けると、意外なアイデアをもらえたりします(幹事の人は意外に楽できる可能性もあります!)。


披露宴二次会案内状に返信する際のマナー

披露宴二次会案内状の返信用はがき表面のマナー

披露宴二次会案内状の返信用はがきの表面には、住所とともに送信先の宛名が書かれています。披露宴二次会案内状を送った人が宛先なので作成した側は名前の下に「行」または「宛」と書いてあるはずです。これは作成した側が謙譲の気持ちで書いているので、「行」「宛」を二重線で消し、「様」に書き換えます。

披露宴二次会案内状の返信用はがき裏面の書き方

返信用はがきの裏面には出欠を確認する「ご出席」「ご欠席」、あなたの住所、氏名が書かれています。出席する場合は「ご出席」の「ご」を二重線で消し、「ご欠席」の「ご欠席」すべてを二重線で消します。欠席する場合はその逆で、「ご欠席」の「ご」を二重線で消し、「ご出席」の「ご出席」すべてを二重線で消します。また、「ご住所」の「ご」、「ご芳名」の「ご芳」も二重線で消します。


披露宴二次会案内状の招待用文面例

披露宴二次会案内状の文面にこれといった決まりはありません。しかし、よく使われる言い回しというものはあります。以下は良く使われる言い回しの例です。

主催者が幹事となる場合

  • ささやかではございますが、友人の皆様をお招きしての二次会パーティーを開催したいと思います。
  • 私たちの新しい門出を日頃お世話になっている皆様にも見守っていただきたく、ささやかながら 二次会パーティーを催します。
  • 感謝の気持ちを込めて心ばかりの小宴を催します。お忙しいこととは思いますが、是非ご出席いただきたくご案内申し上げます。
  • つきましては、結婚の報告とご挨拶を兼ね下記の通り小宴を催すこととなりました。

友人等が幹事となる場合

  • 〇〇君と〇〇さんの新しい門出を祝し、日頃から親しくされている皆様と二次会パーティーを開催しますと思います。
  • 〇〇君と〇〇さんのために、皆様と盛大にお祝いする二次会パーティを開きたいと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】