結婚式招待状の書き方

結婚式や披露宴の招待状の書き方としては儀礼を第一に考えて作成するのが基本となります。そのため頭語・結語をつけた文章にします。大切なことは句読点(。や、)は使わずに、スペースを使うということです(下記の例を参照)。

例)「謹啓 新緑の候 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます」


招待状の書き方:差出人の名前

差出人は、かつては両家の親というのが一般的でしたが、現在では媒酌人がいてもいなくても新郎新婦の連名にするスタイルが増えてきているようです。

下記に一般的なスタイルを記していますが、いずれにしても当事者とその家族とでよく話し合って、どちらも満足するような形をとるようにしましょう。

また、返信用のはがきの宛名も、差出人の名前にするのが一般的です。ただ、父親が差出人であっても本人と離れて暮らしていて、新郎新婦の住んでいる場所で式を挙げる場合は、整理の都合上返信用だけは新郎新婦あてにすることもあるようです。

新郎と新婦の連名による招待状

本人たちがすでに独立し社会的にも活躍している場合、このスタイルにすることが多いようです。この場合招待客は必然的に、二人が親しく付き合っている知人、友人が中心になります。現在最も増えているスタイルです。

新郎新婦の父親の連名による招待状

オーソドックスなスタイルですが、まだまだこのスタイルで招待状を出すことも多いようです。両親の知人など関係者も多く招待するときにこのスタイルを使用するとよいでしょう。

新郎新婦および父親たちの連名による招待状

上記の「新郎と新婦の連名の招待状」と「新郎新婦の父親の連名の招待状」をかね合わせたスタイルになります。

世話人たちの連名による招待状

二人の友人や知人が世話人となり会を開く場合、このようなスタイルをとることが多いようです。会費製やパーティ形式の披露宴にこのスタイルが多く、案内状の内容も若い人らしく楽しいものになります。


結婚式招待状の書き方のポイント

結婚式披露宴の招待状の書き方の構成としては以下のようになります。

  1. 時候の挨拶
  2. 結婚式の通知
  3. 披露宴開催の通知と臨席(りんせき)のお願い
  4. 日時と場所
  5. 添え書き

一般的には上記のような構成となりますが、媒酌人を立てなかったり、会費製や立食といったカジュアルスタイルのパーティ形式の披露宴にする場合は、上記のような形式にこだわる必要はありません。砕けた表現を使ったり、必要事項を簡潔にまとめるだけでも良いでしょう。その際の文面としては、文書の行頭をそろえたりする必要もありませんし、句読点をつけるのも自由です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2295