1月の時候の挨拶

1月は年の始めとなります。正月にまつわる松飾り、初詣、鏡割り、七草粥などの1月を代表する季語を時候の挨拶に含めると良いでしょう。

お正月に飲みたい「酒」のおすすめリンクはこちらへ

時候の挨拶文例:1月

  • 新春の候、新春のみぎり
  • 厳寒の候、厳寒のみぎり
  • 厳冬の候、厳寒のみぎり
  • 大寒の候、大寒のみぎり
  • 初春の候、初春のみぎり
  • 仲冬の候、仲冬のみぎり
  • 寒冷の候、寒冷のみぎり
  • 寒風の候、寒風のみぎり
  • 酷寒の候、酷寒のみぎり
  • 寒気厳しい折いかがお過ごしでしょうか
  • 寒風に身の縮むような毎日ですが、ご健勝にお過ごしでしょうか。
  • 大寒を過ぎ寒さもまた厳しくなってまいりました。
  • ここ数日は特に寒さも厳しく感じます。
  • この冬は例年よりはいくらかしのぎやすく感じます。
  • 皆様ご壮健でめでたい新年をお迎えののことと存じます。
  • 玄関の松飾も片付けられ、普段と同じ生活となってまいりました。
  • 日ごと寒さも厳しくなりますが、いかがお過ごしですか。
  • 底冷えする日々が毎日続いておりますが、お元気にお過ごしでしょうか。
  • 暖冬とは聞いていましたが、冬とは思えない穏やかな日々が続いております。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2402