2月の時候の挨拶

2月は一年のうちで最も寒さの厳しくなる季節です。暦の上では立春を迎えるのですが、実際は非常に寒い日々が続きます。時候の挨拶としては、それらの思いを含めた慣用句となります。また、2月は梅の季節でもありますので、「梅」という言葉が入れるだけで2月の時候の挨拶らしくなります。

時候の挨拶文例:2月

  • 立春の候、立春のみぎり
  • 早春の候、早春のみぎり
  • 向春の候、向春のみぎり
  • 晩冬の候、晩冬のみぎり
  • 春寒の候、春寒のみぎり
  • 残雪の候、残雪のみぎり
  • 解氷の候、解氷のみぎり
  • 浅春の候、浅春のみぎり
  • 梅花の候、梅花のみぎり
  • 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続きますが・・・
  • まだまだ厳しい寒さが続く日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 立春も過ぎたというのに春の便りはまだまだ遠そうですが・・・
  • 暦の上では春になりましたが
  • 梅のつぼみも膨らみ始める今日このごろですが・・・
  • 少しずつ日脚も長くなってまいりました。
  • もうそこまで春は着ているような日差しの毎日です。
  • 日差しにも春の訪れを感じるようになりましたが、いかがお過ごしですか。
  • 春とはいえ、まだまだ寒さも厳しく感じる毎日
  • 梅もほころび始めました。
  • 梅も見頃との便りも聞かれ始めました。
  • 春の気配はまだまだ遠いようですが
  • 寒さもだんだん緩んできましたが
  • 立春とはいえ、寒気もまだまだ衰えない毎日が続いております。
  • 梅のつぼみのやっと膨らみ始め、春の気配も感じられる季節なってまいりました。
  • そこはかとない春の気配に心も躍る日々でございますが
  • 木々の芽も春の支度を始めているようですが
  • どことなく聞こえてくる豆まきの声が、春を運んできているようです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2403