3月の時候の挨拶

3月は暦の上では春の終わりに当たりますが、実際の気候としては春の始まりになります。初旬はまだまだ寒さが残るのですが、下旬になると一気に温かくなってくるので時候の挨拶もバラエティに富んだものとなっています。3月の季節行事としてはは桃の節句がありますので、この桃の節句をうまく入れると、時候の挨拶らしくなります。

時候の挨拶文例:3月

  • 早春の候、早春のみぎり
  • 春分の候、春分のみぎり
  • 春風の候、春風のみぎり
  • 春暖の候、春暖のみぎり
  • 浅春の候、浅春のみぎり
  • 弥生の候、弥生のみぎり
  • 春陽の候、春陽のみぎり
  • 春雪の候、春雪のみぎり
  • 解氷の候、解氷のみぎり
  • 春まだ浅い日々ですが
  • 風にはまだまだ寒さが残っておりますが
  • 吹く風はまだまだ寒い毎日ですが
  • うららかな日差しがまぶしい今日この頃ですが
  • 朝夕はまだまだ寒い日が続きますが
  • 桃の節句も過ぎましたが
  • 日ごとに春らしくなってまいりました。
  • 風の便りでは桜前線も北上を始めたとか
  • 桜の便りもちらほらと聞かれるようになってきました
  • 一雨降るごとに暖かさもますこの頃です
  • 暑さ寒さも彼岸までとは申しますが
  • 寒暖の厳しさが続く毎日ですが
  • 春一番も吹いていよいよ春らしくなってまいりました
  • 春の便りがうれしい季節となりました
  • 寒さもようやく緩み、本格的な春となってまいりました
  • 朝夕はまだまだ冬の名残はありますが、さすがに日差しは暖かくなってまいリました
  • うららかな日差しに、見も心も躍る気分です
  • 沈丁花の甘い香りが春の訪れを告げております
  • 街にも春色の服が目立つようになってまいりました
  • 今年も花粉症の季節となりましたが、そちらは大丈夫でしょうか

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2404