4月の時候の挨拶

4月は桜の季節でもあり、時候の挨拶としては最も使われる言葉となります。また花見のシーズンでもあり、それらを取り入れた時候の挨拶も多くあります。多くの慣用句がうららかな陽気、緑の青さを用いては春らしさを表現しています。

4月といえば新しい期の始まり。「入学・入社」のおすすめリンクはこちらへ

時候の挨拶文例:4月

  • 陽春の候、陽春のみぎり
  • 仲春の候、仲春のみぎり
  • 春爛漫の候、春爛漫のみぎり
  • 晩春の候、晩春のみぎり
  • 桜花の候、桜花のみぎり
  • 花冷えの候、花冷えのみぎり
  • 花信の候、花信のみぎり
  • 清和の候、清和のみぎり
  • 若葉の青さも目にしみる季節になりました
  • 春たけなわとなってまいりました
  • 春眠暁を覚えずとか申しますが
  • 花冷えに桜の咲くのを戸惑っているかのようですが
  • 沈丁花の香りがかぐわしく漂う季節
  • いよいよ桜も満開となりました
  • 桜もそろそろ盛りを過ぎる頃ですが
  • 桜の木々にもちらほらと緑の葉が目つようになりました
  • 柔らかな日差しに心も浮き立つ今日この頃ですが
  • 真新しいランドセルがほほえましい季節
  • 菜の花畑も一面の黄色と色づく季節になりました
  • うららかな春の日和となりました
  • 各地から春の便りも聞こえる季節なりましたが
  • 野辺にも陽炎が揺れる季節となりました
  • 花見のニュースに心躍るこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか
  • 暖かくはなりましたものの、菜種梅雨の天気が続いております
  • 春の嵐に桜吹雪も舞っております

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2405