5月の時候の挨拶

5月は新緑の季節であり、春から青さを増し始めた緑が鮮やかな緑色へと変わっていく様を表現した時候の挨拶が多くなります。また、初夏を感じさせるほど陽気も良くなり、風もさわやかさを増していきます。空に浮かぶ鯉のぼりや新茶が5月の風物詩として季節を感じさせてくれます。

時候の挨拶文例:5月

  • 新緑の候、新緑のみぎり
  • 若葉の候、若葉のみぎり
  • 薫風の候、薫風のみぎり
  • 惜春の候、惜春のみぎり
  • 暮春の候、暮春のみぎり
  • 初夏の候、初夏のみぎり
  • 立夏の候、立夏のみぎり
  • 軽夏の候、軽夏のみぎり
  • 軽暑の候、軽暑のみぎり
  • 緑したたる季節となりましたが、いかがお過ごしですが
  • 新緑の季節なりましたが
  • 風薫る五月となりました
  • 今年も早いもので八十八夜も過ぎ
  • 青空を鯉のぼりが泳ぐこの頃ですが
  • 暑からず寒からずの心地よい季節となりましたが
  • 青く澄み渡った空がすがすがしく感じる季節
  • ツバメも空を飛び交う今日この頃
  • 木々の青葉が目にしみる季節ですが、
  • 空の日差しもまばゆく感じる季節となりました
  • 吹く風もさわやかな季節
  • 店先にも旬の初鰹が並び出しました
  • 新茶の香りがうれしい今日この頃ですが
  • 風薫るさわやかな季節となりました
  • 若葉がまぶしく目に映る季節
  • 街路樹もその青さを日に日に濃くしてまいりました
  • 行く春を惜しむ気持ちと裏腹に、新緑に心奪われる季節
  • 若葉が生き生きと感じられる季節となりました
  • 梅雨前のさわやかな季節、いかがお過ごしでしょうか

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2406