6月の時候の挨拶

6月は梅雨の季節特有の長雨が時候の挨拶に盛り込まれることが多くなります。この梅雨を過ぎると待望の夏が訪れることから、その晴れ間を喜んだり待ちわびたりする表現も良く使われます。また、この時期は紫陽花(あじさい)が季節感を表す言葉として時候の挨拶に良く使われます。

時候の挨拶文例:6月

  • 初夏の候、初夏のみぎり
  • 青葉の候、青葉のみぎり
  • 向暑の候、向暑のみぎり
  • 小夏の候、小夏のみぎり
  • 入梅の候、入梅のみぎり
  • 梅雨晴れの候、梅雨晴れのみぎり
  • 梅雨寒の候、梅雨寒のみぎり
  • 麦秋の候、麦秋のみぎり
  • うっとうしい雨の日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか
  • 入梅宣言も早々と出されたようで
  • 梅雨冷えの寒い日々が続きますが
  • 木々の緑もますますその青さを増しておりますが
  • 毎日の雨に気もふさぐ気分になりがちな毎日ですが
  • 梅雨明けを待ちわびる日々でございます
  • 一雨ごとに紫陽花も色鮮やかになっていくようです
  • 今年は空梅雨のようで晴れの日が続きますが
  • 夏を迎える緑もますます濃くなってきましたが
  • 窓の外の色とりどりの雨傘を眺めております
  • 長雨の続く日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか
  • くちなしの花の香る季節となりました
  • 梅雨空の間からのぞく青空は、もうすっかり夏色になっています
  • 梅ノ木のたわわな実を見ていると、今から酒作りが楽しみです

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2407