8月の時候の挨拶

8月は夏真っ盛りですが、暦上では立秋になるため、残暑といった表現が時候の挨拶としてよく使われます。また、夏を惜しむような表現もされたり、秋の始まりを告げる時候の挨拶も出てきます。

時候の挨拶文例:8月

  • 残暑の候、残暑のみぎり
  • 残夏の候、残夏のみぎり
  • 季夏の候、季夏のみぎり
  • 避暑の候、避暑のみぎり
  • 納涼の候、納涼のみぎり
  • 晩夏の候、晩夏のみぎり
  • 秋暑の候、秋暑のみぎり
  • 初秋の候、初秋のみぎり
  • 立秋の候、立秋のみぎり
  • 残暑厳しき折ですがいかがお過ごしでしょうか
  • 残暑の厳しい毎日が続きますが
  • 立秋を過ぎたとはいうもののまだまだ暑い日が続きます
  • 入道雲の高さはまだまだ夏を感じさせますが
  • 立秋を過ぎ、朝夕いくらか過ごしやすく感じる今日この頃
  • 暑さもようやく峠を越したようで
  • 朝夕はいくらか過ごしやすくなってきました
  • 暦の上は秋になりましたが
  • 秋の気配もあちらこちらに感じられるこの頃
  • 子供たちの夏休みも残りわずかとなり
  • 風鈴の音色も悲しげに聞こえる今日この頃
  • 夏もようやくその盛りを過ぎ
  • 朝夕の涼風にほっと一息つく季節となりました
  • 早くも虫の音が聞こえ始めています
  • 猛暑の毎日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか
  • 残暑お見舞い申し上げます(立秋を過ぎたら)
  • 立秋とは名ばかりの酷暑が続きますが
  • 朝夕の風に秋の気配を感じるようになりました
  • 熱帯夜が続いていますが、お体のほう大丈夫でしょうか
  • 夏休みも後半に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか

「お中元」のおすすめリンクはこちらへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2409