9月の時候の挨拶

時候の挨拶としては、秋の始まりを表す言葉が使われるようになります。秋の花として代表的なコスモスも季節を感じさせる言葉として用いられることが多くなります。朝夕涼しさに関する表現や虫の音も時候の挨拶には良く用いられます。

時候の挨拶文例:9月

  • 初秋の候、初秋のみぎり
  • 新涼の候、新涼のみぎり
  • 新秋の候、新秋のみぎり
  • 白露の候、白露のみぎり
  • 爽秋の候、爽秋のみぎり
  • 秋色の候、秋色のみぎり
  • 野分の候、野分のみぎり
  • 秋冷の候、秋冷のみぎり
  • 秋晴の候、秋晴のみぎり
  • 朝夕はめっきり涼しくなりましたが
  • 九月ともなればさすがに過ごしやすくなってきました
  • 二百十日も過ぎましたが
  • 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、いかがお過ごしでしょうか
  • いまだ残暑厳しい日々が続いております
  • 秋色も日々を追うごとに次第に濃くなり
  • 秋風が肌に心地よい季節となってまいりました
  • 空の高さに秋の訪れを感じる今日この頃です
  • 秋晴のさわやかな青空が続く毎日
  • 一雨降るごとに涼しさも増してきました
  • コスモスが秋風に揺れています
  • 月の明かりも冴える季節となりました
  • 台風の去った後の秋晴が抜けるように青く広がっていますが
  • 残暑が去らない毎日ですが
  • すがすがしい秋晴の日が続いておりますが
  • 日増しに秋の気配も増している今日この頃
  • 台風一過、澄み切った空が広がっておりますが
  • 涼風が窓から入る季節となってまいりました
  • 空に広がるいわし雲が秋の気配を感じさせます

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2410