10月の時候の挨拶

10月になると秋も本番です。紅葉・夜長といった言葉が10月を表す季語としてよく使われます。また、スポーツ・食欲の秋でもあり、それらをテーマにした時候の挨拶も現代風で良いでしょう。

時候の挨拶文例:10月

  • 秋涼の候、秋涼のみぎり
  • 清秋の候、清秋のみぎり
  • 爽涼の候、爽涼のみぎり
  • 仲秋の候、仲秋のみぎり
  • 夜長の候、夜長のみぎり
  • 秋麗の候、秋麗のみぎり
  • 秋冷の候、秋冷のみぎり
  • 紅葉の候、紅葉のみぎり
  • 錦秋の候、錦秋のみぎり
  • 秋もいよいよ深まりを見せてまいりました
  • 秋色もいよいよ深まってまいりましたが
  • 暖かな秋晴が続く毎日です
  • 秋雨が肌寒く感じる今日この頃
  • 秋の日はつるべ落しと申しますが
  • 日を追うごとに夜長となってまいリました
  • 虫の声にも秋の始めのようなにぎやかさは無く
  • 渡り鳥の姿も見られるようになりました
  • 木の葉も日一日と色づいてまいりました
  • 秋に味覚が楽しみな季節となりました
  • きんもくせいの香りが町じゅうに漂っています
  • 菊香る今日この頃
  • 一年で最も暮らしやすい季節となりました
  • 運動会の歓声がにぎやかに聞こえてきます
  • 空高く広がるうろこ雲に秋の深まりを感じる今日この頃です
  • 銀杏並木が金色に輝く秋も終わろうとしてます
  • 野山も秋色に染まる季節なりました
  • 心地よい秋風の季節となりました
  • 菊薫る季節となりましたが
  • 秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2411