11月の時候の挨拶

11月は秋の深まりとともに朝晩もめっきり寒くなってきます。また、落ち葉の季節でもあり、冬の近づきを感じさせる言葉が時候の挨拶に盛り込まれるのが特徴です。落ち葉、初霜、小春日和、冷雨といった季語が時候の挨拶に用いられます。

時候の挨拶文例:11月

  • 晩秋の候、晩秋のみぎり
  • 向寒の候、向寒のみぎり
  • 暮秋の候、暮秋のみぎり
  • 落葉の候、落葉のみぎり
  • 深秋の候、深秋のみぎり
  • 季秋の候、季秋のみぎり
  • 霜秋の候、霜秋のみぎり
  • 冷雨の候、冷雨のみぎり
  • 初雁の候、初雁のみぎり
  • 秋の気配がますます深まってまいりましたが
  • 吐く息のあまりの白さに驚く今日この頃
  • 風の寒さが身にしみる季節となりました
  • 朝夕はめっきり冷え込みが厳しくなってきました
  • 紅葉の色も一段と濃く深くなってきました
  • 歩道にも落ち葉が目立つようになりました
  • 銀杏の葉が町を彩っております
  • 日を追うごとに寒さが増してまいりました
  • 北の国からは初雪の便りも届くようになりました
  • 暮れ行く秋を寂しく感じる今日この頃
  • 小春日和の日差しが暖かなこの頃
  • すぐそこに冬の足音が聞こえてくるようです
  • 日増しに寒さが募りますが、お元気でいらっしゃいますか
  • 初霜の便りも聞かれるようになりました
  • 陽だまりが恋しく感じる今日この頃
  • うららかな小春日和が続いております
  • 銀杏の葉も散り始め、秋も終わりに近づきつつありますが
  • そろそろ暖炉の恋しい季節となってまいりました

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2412