12月の時候の挨拶

1年の終わりを示す12月(師走)は、その名の通りあわただしさを振り返る思いや、お世話になった人への感謝の気持ちが時候の挨拶に盛り込まれるのが特徴です。厳寒・年の瀬・クリスマスといった言葉が季語として時候の挨拶に用いられます。

時候の挨拶文例:12月

  • 師走の候、師走のみぎり
  • 年末の候、年末のみぎり
  • 初冬の候、初冬のみぎり
  • 歳末の候、歳末のみぎり
  • 歳晩の候、歳晩のみぎり
  • 新雪の候、新雪のみぎり
  • 寒冷の候、寒冷のみぎり
  • 霜寒の候、霜寒のみぎり
  • 寒気厳しき折いかがお過ごしでしょうか
  • 木枯らしの吹く季節となってまいりました
  • 師走の声を聞くと同時に、寒くなってきた気がいたします
  • 寒さもいよいよ本番となりましたが
  • 日ごとに寒さが募ってまいります
  • 師走の冷たい風が身にしみる今日この頃です
  • 焚き火が恋しい季節となりましたが
  • 早いもので、今年も後わずかとなりました
  • 年の瀬のあわただしさを感じる今日この頃
  • クリスマスソングも街に流れ始めました
  • 今年もあっという間に過ぎてしまいました
  • 暮れに近づき、何かと忙しいことでしょうが
  • 例年に無く暖冬とのことですが
  • 今年も残すところあと○日となりました
  • 早くも一年の締めくくりの時期となりました
  • クリスマスの時期になり、街も華やかになってまいりました
  • 早いものでもう師走となり、何かとあわただしくしております
  • ポインセチアの赤い花が色鮮やかに街を染めています

「お歳暮」のおすすめリンクはこちらへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2413