就職(転職)用履歴書と封筒の書き方

就職活動をする場合履歴書を提出しますが、この履歴書用封筒にも書き方があります。企業がまず見るのは履歴書の表書き、裏書きです。封筒に書かれている文字が乱雑であれば、その時点であなたの印象は非常に悪くなり就職にも不利になります。

これは文字が上手か下手かは関係ありません。就職採用担当者は丁寧に書いているかを見るのです。それは転職の場合でも同じで、履歴書封筒の宛名を丁寧に書いていないということは、自社のことを真剣に考えていない、と転職採用担当者は判断します。ですから、たかが就職(転職)履歴書封筒の宛名書きだからと簡単に考えず、丁寧に書くことが大切です。


就職(転職)履歴書封筒の書き方のポイント

以下は就職(転職)履歴書封筒の表書きのポイントになります。参考にしてください。

郵便番号と会社の住所は必ず書く 

まず郵便番号と会社の住所は必ず書くようにします。現在は7桁郵便番号を記入すれば、住所は都道府県から書かなくても届きます。だからといって、就職(転職)履歴書封筒に省略した住所で宛名を書くのは企業に対して失礼です。郵便番号と会社の住所は必ず都道府県から書くようにしましょう。

就職(転職)履歴書封筒の宛先は宛名よりも小さな文字で書くのもポイントです。場所は右に寄せて書くようにします。行数は1~2行で収まるように書くのがベストですが、市町村名やビル名などが途中で切れないよう気をつけます。

就職(転職)履歴書封筒の送付先が企業の部署の個人宛の場合は「○○様」にする

基本的には就職(転職)履歴書は企業の部署宛に送ります。その場合、宛先は「○○株式会社 人事部(人事課) 御中」というように、御中を付けます。ただし企業側が○○宛にと担当者名を指定している場合は、「○○株式会社人事部(人事課) ○○様」というように様付けを宛名にします。

宛名は宛先より大きな字で左右の中央に来るようにします。さらに宛先の住所より一文字分くらい下に下げて字間を空けて書くのもマナーです。

就職(転職)履歴書封筒に宛名を書く際ペンの色は黒、履歴書在中は赤で書く

就職(転職)履歴書封筒の宛先、宛名は黒のペンを使って書きます。黒以外の色はNGです。また「履歴書在中」は表書きの右下に赤で書き、赤枠で込みます。ただこの「履歴書在中」に関しては、市販されている履歴書用紙のセットを購入すると最初から印刷されているのであまり気にする必要はないかもしれません。


就職(転職)履歴書封筒の書き方のポイント

以下は就職(転職)履歴書封筒の書き方のポイントになります。参考にしてください。

封字を書く

封筒を糊付けしたら、封じ目に「〆」と書きます。「締」「封」と用いる場合もあります。

差出人の住所と氏名の書き方

住所の書き出しは上下の真中よりやや上から書くようにします。差出人の住所と氏名の書き方としては

  • 差出人の住所は封筒の右側、氏名は左側に書く
  • 差出人の住所も氏名も封筒の左側に書く

というように二通りの書き方があります。

郵便番号は枠があれば枠の中に、枠が無い場合は住所の右横に書くのがマナーです。住所は郵便番号を書いた場合でも必ず都道府県から書くようにします。

日付を入れる

日付就職(転職)履歴書封筒の左上に小さく入れます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】