封筒(封書)の書き方

手紙を書く際、封書にするかはがきにするかは迷うところでしょう。封書とはがきの使い方に迷った場合はその特性を考えてみると使い分けの方法が見えてきます。


封筒(封書)とはがきの使い分け

封書は内容が第三者に見られることなく相手に届くよう封がされています。よって非公開の文書を送る場合に使用されます。このことから正式な内容に基づく手紙の場合は封書で送るのがマナーです。また便箋の数を増やすことも可能なため、文字数の多い手紙を送ことができるというのもメリットと言えます。

一方はがきは、第三者に内容が見えてしまう可能性があります。また内容量もはがきの裏面のみしかないため、内容のボリュームも限られています。もともと「端書」、「葉書」と書くことからメモ書き的な要素を持っていたことからも、はがきは他人知れても構わない連絡事項に使うのが一般的です。

封筒(封書)で書くべき手紙

  • 目上の人へのお祝いの手紙
  • 目上の人へのお礼の手紙
  • お見舞いの手紙
  • お悔やみ状
  • 弔事の手紙
  • おわびの手紙

はがきで書くべき手紙

  • お中元・お歳暮の送り状
  • 一般的なお祝いの手紙
  • 一般的なお礼状
  • 季節の挨拶状
  • 招待状、案内状

封筒(封書)の種類と手紙のマナー

封筒(封書)には様々な色や形があります。それぞれの封筒の用途に合わせた書き方をしましょう。特に目上の人やフォーマルな手紙や弔事の手紙などの場合は白の定型の封筒を使うのが基本です。

筆記用具ついては、フォーマルな手紙の場合は毛筆(筆ペンでも可能)、万年筆がマナーとなります。色は黒かブルーブラックにします。鉛筆書きで書くのはマナー上失礼になります。注意しましょう。

以下は一般的に使われる封筒です。それぞれの用途に合わせて使い分けします。 

和封筒の書き方

和封筒は「長形4号」サイズが基本となります。これは便箋を縦に3つ折って入れるのにちょうど良い大きさになります。この和封筒には裏紙がついている二重タイプとついていない一重タイプがあります。弔事やお見舞いの手紙の場合は不幸を繰り返さないという意味合いを含めて一重のタイプが使われます。

洋封筒の書き方

洋封筒は挨拶状や招待状、案内状に使われています。また、開口部が広いため、カードや写真を入れるのも便利です。特に洋封筒の中でも郵便番号の枠が無いものは綴じ目を逆にする弔辞の手紙を入れるのにも使われています。

色柄の封筒の書き方

色柄つきの封筒は親しい間柄の人でプライベートな手紙であれば目上の人にも使用可能ですが、異性に送る手紙の場合は、避けるほうが良いようです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】