封筒の宛名の書き方

封筒の宛名は、手紙を受け取ったときに最初に目にする部分です。フォーマルな手紙でなくとも、この封筒の宛名の書き方が丁寧な手紙はもらってうれしいものです。封筒の宛名は相手への気持ちが現れる部分ですから、心を込めて丁寧に書くようにしましょう。


洋封筒の宛名の書き方

洋封筒の場合、縦長に使う場合と横長に使う場合で宛名の書き方が違ってきます。縦長に使う場合は縦書きとなり、以下に述べる和封筒の宛名の書き方と同じです。横長に使う場合は横書きとなりますので、以下のように書きます。ただ、横書きで表書きや裏書きをかくのは親しい人に限られるので注意が必要です。基本的に目上の人には、洋封筒でも縦書きとするのがマナーです。

洋封筒の書き方(表書き、横長)

横長の洋封筒の左上に郵便番号を書く人がいますが、これは郵便番号の枠が印刷されていない場合の書き方です。洋封筒に郵便番号の枠が印刷されている場合は、その枠に郵便番号を書くようにします。

洋封筒の表書きは、横長に使う場合洋封筒の上1/3のスペース内に1~2行で書くようにします。宛名は上下の中央に来るようにし、書き出しは宛先から一文字分右にずれて書き出します。

洋封筒の書き方(裏書き、横長)

洋封筒を横長で使う場合、封じ目は「〆」「締」などの封字を書きません。これは横書きとなるため、洋風スタイルとみなすからです。

洋封筒の場合、差出人の住所・氏名は封筒の下1/3のスペースの中央に書きます。

また、日付を入れる場合は下1/3のスペース内左上に小さく書きます。

慶事と弔事の洋封筒の綴じ方

洋封筒を縦書きで使用する場合は、左右どちらから綴じるか気をつけます。基本的に普通の手紙や慶事の場合は"右綴じ"、弔事の場合は"左綴じ"がマナーだからです。郵便番号枠が印刷されている洋封筒の場合、普通に縦書きすれば右綴じになります。ですから、弔事の場合は郵便番号枠の無い洋封筒を使用するようにします。


和封筒の宛名の書き方

和封筒の書き方(表書き)

和封筒の場合、宛先は宛名より小さ目の文字で書くようにします。場所は右に寄せて書き、1~2行で書くようにします。宛先を書くときは市町村名や番地、マンション名の途中で改行しないようにするのがポイントです。

和封筒では、宛名は宛先より大きめの文字で封筒の中央に書き、住所より一文字分程度下げて書き出します。また、字間をゆったりととって書くこと、「様」「殿」は宛名より大きく書くことも大事なポイントです。

和封筒の書き方(裏書き)

和封筒を綴じた際に封じ目に「〆」と書くようにします。祝儀の手紙の場合は、「寿」「賀」と書くこともあります。

差出人の住所は、上下の真中より少し上から書くようにします。和封筒の中央をはさんで右に差出人住所、左に差出人名を書く場合と、和封筒の左側に差出人住所、差出人名を書く場合の二通りの方法があります。

郵便番号は基本的には左下に横書きで書きます。もし枠が無い場合は、住所の右横に書きます。

後付に日付を入れている場合は、和封筒の裏書きに日付を書く必要はありません。後付に日付を入れていない場合は、封筒の左上に日付を入れるのが正式なマナーです。


エアメールの宛名の書き方

エアメールの場合、表書きのみで裏書きというのはありません。宛先は、上下の真中で右よりのスペースに書きます。

  1. 一行目には「敬称付き(男性の場合はMr.女性の場合は既婚未婚を区別しないMs.)」の相手の名前
  2. 二行目には住所の番地と町と通り名
  3. 三行目には住所の群市、県、州、郵便番号
  4. 四行目には住所の国名(アンダーラインつき)

差出人の氏名と住所は、左上のスペースに書きます。これも上記の宛先と同じ書き方です。違うのは文字の大きさ。差出人の方が小さな文字で書きます。

最後に左下のスペースにAIR MAILと赤文字・大文字のみで書きます。これは宛先の国の言語で書きますので、フランスへ送る場合は PAR AVIONです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】