季語(春夏秋冬)

春夏秋冬の移り変わりをいとおしむ気持ちは日本人独特の美徳と言えます。そのような気持ちが、季節の手紙だけではなく、様々な手紙においても春夏秋冬を表す季語を盛り込むようにしていると言えるでしょう。手紙を書く際は、その季節にふさわしい春夏秋冬の季語を盛り込み、その上で安否を気遣う挨拶や主題を書くようにするのが手紙のマナーです。


春夏秋冬ごとの季語

以下は季語の各月ごとの文例です。

季語(冬、1月)

  • 新春の候、新春のみぎり
  • 厳寒の候、厳寒のみぎり
  • 厳冬の候、厳冬のみぎり
  • 大寒の候、大寒のみぎり
  • 初春の候、初春のみぎり
  • 仲冬の候、仲冬のみぎり
  • 寒冷の候、寒冷のみぎり
  • 寒風の候、寒風のみぎり
  • 酷寒の候、酷寒のみぎり

季語(冬、2月)

  • 立春の候、立春のみぎり
  • 早春の候、早春のみぎり
  • 向春の候、向春のみぎり
  • 晩冬の候、晩冬のみぎり
  • 春寒の候、春寒のみぎり
  • 残雪の候、残雪のみぎり
  • 解氷の候、解氷のみぎり
  • 浅春の候、浅春のみぎり
  • 梅花の候、梅花のみぎり

季語(春、3月)

  • 早春の候、早春のみぎり
  • 春分の候、春分のみぎり
  • 春風の候、春風のみぎり
  • 春暖の候、春暖のみぎり
  • 浅春の候、浅春のみぎり
  • 弥生の候、弥生のみぎり
  • 春陽の候、春陽のみぎり
  • 春雪の候、春雪のみぎり
  • 解氷の候、解氷のみぎり

季語(春、4月)

  • 陽春の候、陽春のみぎり
  • 仲春の候、仲春のみぎり
  • 春爛漫の候、春爛漫のみぎり
  • 晩春の候、晩春のみぎり
  • 桜花の候、桜花のみぎり
  • 花冷えの候、花冷えのみぎり
  • 花信の候、花信のみぎり
  • 清和の候、清和のみぎり

季語(春、5月)

  • 新緑の候、新緑のみぎり
  • 若葉の候、若葉のみぎり
  • 薫風の候、薫風のみぎり
  • 惜春の候、惜春のみぎり
  • 暮春の候、暮春のみぎり
  • 初夏の候、初夏のみぎり
  • 立夏の候、立夏のみぎり
  • 軽夏の候、軽夏のみぎり
  • 軽暑の候、軽暑のみぎり

季語(夏、6月)

  • 初夏の候、初夏のみぎり
  • 青葉の候、青葉のみぎり
  • 向暑の候、向暑のみぎり
  • 小夏の候、小夏のみぎり
  • 入梅の候、入梅のみぎり
  • 梅雨晴れの候、梅雨晴れのみぎり
  • 梅雨寒の候、梅雨寒のみぎり
  • 麦秋の候、麦秋のみぎり

季語(夏、7月)

  • 盛夏の候、盛夏のみぎり
  • 仲夏の候、仲夏のみぎり
  • 猛暑の候、猛暑のみぎり
  • 酷暑の候、酷暑のみぎり
  • 極暑の候、極暑のみぎり
  • 炎暑の候、炎暑のみぎり
  • 大暑の候、大暑のみぎり
  • 列暑の候、列暑のみぎり

季語(夏、8月)

  • 残暑の候、残暑のみぎり
  • 残夏の候、残夏のみぎり
  • 季夏の候、季夏のみぎり
  • 避暑の候、避暑のみぎり
  • 納涼の候、納涼のみぎり
  • 晩夏の候、晩夏のみぎり
  • 秋暑の候、秋暑のみぎり
  • 初秋の候、初秋のみぎり
  • 立秋の候、立秋のみぎり

季語(秋、9月)

  • 初秋の候、初秋のみぎり
  • 新涼の候、新涼のみぎり
  • 新秋の候、新秋のみぎり
  • 白露の候、白露のみぎり
  • 爽秋の候、爽秋のみぎり
  • 秋色の候、秋色のみぎり
  • 野分の候、野分のみぎり
  • 秋冷の候、秋冷のみぎり
  • 秋晴の候、秋晴のみぎり

季語(秋、10月)

  • 秋涼の候、秋涼のみぎり
  • 清秋の候、清秋のみぎり
  • 爽涼の候、爽涼のみぎり
  • 仲秋の候、仲秋のみぎり
  • 夜長の候、夜長のみぎり
  • 秋麗の候、秋麗のみぎり
  • 秋冷の候、秋冷のみぎり
  • 紅葉の候、紅葉のみぎり
  • 錦秋の候、錦秋のみぎり

季語(秋、11月)

  • 晩秋の候、晩秋のみぎり
  • 向寒の候、向寒のみぎり
  • 暮秋の候、暮秋のみぎり
  • 落葉の候、落葉のみぎり
  • 深秋の候、深秋のみぎり
  • 季秋の候、季秋のみぎり
  • 霜秋の候、霜秋のみぎり
  • 冷雨の候、冷雨のみぎり
  • 初雁の候、初雁のみぎり

季語(冬、12月)

  • 師走の候、師走のみぎり
  • 年末の候、年末のみぎり
  • 初冬の候、初冬のみぎり
  • 歳末の候、歳末のみぎり
  • 歳晩の候、歳晩のみぎり
  • 新雪の候、新雪のみぎり
  • 寒冷の候、寒冷のみぎり
  • 初雪の候、初雪のみぎり
  • 霜寒の候、霜寒のみぎり

二十四節気の区分と春夏秋冬の季語

二十四節気は太陰暦を元に一年を24等分し、その区切りに名前を付けたものです。現在は太陰暦ですので、実際の季節感とはずれが生じますが、手紙を書くときの季節の節目を表す春夏秋冬の季語として使われています。

  • 【小寒(しょうかん)】 1月5、6日頃。寒さが一段と厳しくなる、という節目を表す"冬季語"
  • 【大寒(だいかん)】 1月20、21日頃。年間で最も寒さが厳しくなる、という節目を表す"冬季語"
  • 【立春(りっしゅん)】 2月4日頃。春が始まる日、という節目を表す二十四節気"春季語"
  • 【雨水(うすい)】 2月19日頃。雪が雨に解けて雨水となる、という節目を表す"春季語"
  • 【啓蟄(けいちつ)】 3月5、6日頃。冬眠していた虫たちが姿を出し始める、という節目を表す"春季語"
  • 【春分(しゅんぶん)】 3月21日頃。春の彼岸の中日、という節目を表す"春季語"
  • 【清明(せいめい)】 4月5日頃。春の日差しに万物が清く明らかになる、という節目を表す"春季語"
  • 【穀雨(こくう)】 4月20日頃。雨が降り、種まきが始まる頃、という節目を表す"春季語"
  • 【立夏(りっか)】 5月6日頃。新緑がまぶしく夏の気配が感じられる、という節目を表す"夏季語"
  • 【小満(しょうまん)】 5月21日頃。万物が成長して満ちていく、という節目を表す"夏季語"
  • 【芒種(ぼうしゅ)】 6月6日頃。穀物の種を植える時期、という節目を表す"夏季語"
  • 【夏至(げし)】 6月21日頃。昼の長さが最も長くなる日、という節目を表す"夏季語"
  • 【小暑(しょうしょ)】 7月7日頃。日差しが日に日に強さをましてくる、という節目を表す"夏季語"
  • 【大暑(たいしょ)】 7月23日頃。一年で最も暑い日になる、という節目を表す"夏季語"
  • 【立秋(りっしゅう)】 8月8日頃。秋の気配が出てくる、という節目を表す"秋季語"
  • 【処暑(しょしょ)】 8月23日頃。暑さがおさまってくる、という節目を表す"秋季語"
  • 【白露(はくろ)】 9月8日頃。草に白露がつき始める、という節目を表す"秋季語"
  • 【秋分(しゅうぶん)】 9月23日頃。秋の彼岸の中日、という節目を表す"秋季語"
  • 【寒露(かんろ)】 10月8日頃。秋の長雨も収まり寒さが増してくる、という節目を表す"秋季語"
  • 【霜降(そうこう)】 10月23日頃。霜が降り始めて冬へと向かっている、という節目を表す"秋季語"
  • 【立冬(りっとう)】 11月7日頃。冬の始まり、という節目を表す"冬季語"
  • 【小雪(しょうせつ)】 11月22日頃。雪が降り始める頃、という節目を表す"冬季語"
  • 【大雪(たいせつ)】 12月7日頃。寒さが増し日ごと雪が多くなってくる、という節目を表す"冬季語"
  • 【冬至(とうじ)】 12月22日頃。昼の長さが一年で最も短い日、という節目を表す"冬季語"

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2228