手紙の書き出し文例

手紙の書き出しも季節ごとに違います。これでなければいけないという文例はありませんが、それゆえにどのような書き出しにしたら良いか迷うのもまた事実です。以下は手紙の種類ごとの頭語と各月ごとの手紙の書き出し文例です。自分なりにアレンジしたり、そのまま使ったりしてください。


手紙の書き出し(頭語)

手紙を書くときの最初の書き出しになるものが「頭語」です。これは手紙の種類によって使用する言葉が決まっています。また、頭語は手紙の最後に書かれる「結語」と対になって使用されるのが一般的です。使用する頭語の結語は男女に使われるものと、女性の手紙に使われるもの(下記表内の赤色のもの)があります。下記の表はそれぞれ手紙の種類ごとに「頭語」「結語」をセットで表記しています。

手紙の種類 頭語 結語
一般的な手紙 拝啓、拝呈、啓上、一筆啓上、
一筆申し上げます、こんにちわ、はがきで失礼します
敬具、拝具、拝白、
かしこ、さようなら、ごめんくださいませ
形式的な手紙 謹啓、謹呈、粛啓、恭啓、
謹んで申し上げます
敬白、謹言、再拝、頓首、
かしこ
急用の手紙 急啓、急呈、急白、
取り急ぎ申し上げます、走り書きでお許しください、早速ですが
敬具、謹言、頓首、
かしこ
前文を省略する手紙 前略、略啓、冠省、
前略ごめんなさい、前文お許しください
早々、不一、不尽、
かしこ、さようなら
返事の手紙 拝復、啓復、復啓、
お手紙ありがとうございました。
敬具、拝白、拝具、
かしこ、さようなら、ごめんくださいませ

手紙の書き出し(1月)

  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
  • 厳しい寒さの日々が続きますが、皆様ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
  • 寒に入りまして、寒さもことのほか厳しく感じられます。
  • 寒の入りになり、空気も凛と張り詰めてきました。
  • 大寒を迎える季節となり、いよいよ冬本番となってまいりました。
  • 今年は暖冬ということですが、それでも冬の厳しさが身にしみます。

手紙の書き出し(2月)

  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 春まだ浅き日々が続く毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 梅の便りも聞かれる季節となりました。
  • 枯草の下にも緑が見られ、春の息吹を感じる季節になりました。
  • 立春と聞き、早く外へと出かけたくなる今日この頃です。

手紙の書き出し(3月)

  • 日ごと春らしくなってきましたが、ご家族の皆様のご健康にお変わりはございませんか。
  • 春の光もうららかな季節となってきました。
  • 一雨降るごとに、春めいてくるのを感じる日々です。
  • 季節の変わり目らしく不安定な天気が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか。
  • 待ちに待った春がやってまいりました。
  • 心浮き立つ季節ではありますが、花粉症に悩まされていませんか。
  • 春の訪れが我が家の庭にもやってきました。

手紙の書き出し(4月)

  • すっかり春たけなわの季節となりました。
  • 春爛漫を迎え、心も躍る季節となってまいりました。
  • 花冷えのみぎりとなりましたが、ご健勝にお過ごしでしょうか。
  • 日一日と温かくなり、日中はすっかり汗ばむ陽気となりました。
  • お花見はもうなさましたか。
  • 先月までの寒さがうそのように、この頃は汗ばむ陽気が続いております。
  • 当地はすでに桜も満開となっておりますが、そちらではいかがでしょうか。

手紙の書き出し(5月)

  • 新緑のみぎり、ますますご壮健のことと存じます。
  • さわやかな五月晴れの日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 吹く風に初夏を感じる季節となりました。
  • 新緑の匂い立つ季節となりました。
  • 新茶の香りが楽しめる季節となりました。
  • 日中は汗ばむほどの陽気となりました。
  • 五月晴れの空に、鯉のぼりも元気よく泳いでおります。

手紙の書き出し(6月)

  • じめじめとした梅雨の季節なりましたが、ご健勝にお過ごしでしょうか。
  • 紫陽花の花も色鮮やかな季節となりました。
  • 梅雨寒の日々が続いておりますが、健やかにお過ごしでしょうか。
  • 木々のそよぐ音にも夏の気配を感じる季節となりました。
  • 月日は早いもので、もう衣替えの季節となりました。
  • 梅雨の中休みなのでしょう。本日は久しぶりに青空が広がっております。

手紙の書き出し(7月)

  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 長かった梅雨も終わりを告げ、いよいよ夏本番となりました。
  • 夏空が一段とまぶしくなっているこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 連日気温が高く寝苦しい夜が続きますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。
  • 連日海開き、山開きのニュースが流れ、本格的な夏の到来を感じております。
  • 青空にも入道雲が見られる季節となりました。

手紙の書き出し(8月)

  • 炎暑お見舞い申し上げます。
  • うだるような夏の暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 晩夏のみぎり、暑い日が続きますが、夏バテなどはなさっていらっしゃらないでしょうか。
  • ようやく酷暑も過ぎ過ごしやすくなってきましたが、皆様はご健勝にお過ごしでしょうか。
  • 夕涼みにやっと一息つける晩夏の今日この頃です。
  • 皆様おそろいで楽しい夏休みをお過ごしのことと存じます。

手紙の書き出し(9月)

  • 9月に入ったとはいえ暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • まだまだ暑い日は続きますが、朝有は大分涼しくなってまいリました。
  • 吹き抜ける風の中に秋の気配を感じれるようになりました。
  • 一雨ごとに秋の深まりを実感する今日この頃でございます。
  • 秋風が肌に心地よい季節となりました。
  • コスモスが咲き乱れ、秋の風情を感じさせてくれます。

手紙の書き出し(10月)

  • 日ごとに秋も深まっていく今日この頃です。
  • うららかな日々が続いております。
  • 秋の深まりとともに、街路樹の紅葉も散り始めております。
  • 日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒く感じるようになってきました。
  • 今年は例年に比べ、少し温かすぎる毎日と感じております。
  • 吹く風も冷たく感じられる今日この頃となりました。
  • 秋の夜長に聞く虫の音もどこか物悲しく聞こえる季節となりました。

手紙の書き出し(11月)

  • 朝夕の冷え込みも厳しさを増してきました。
  • 落ち葉の季節となってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 例年に無く、暖かな暮秋でございます。
  • 菊花咲く季節、ご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
  • 冬の足音がもうすぐ聞こえて来る気配を感じます。
  • 冬が駆け足で近づいてきているようでございます。

手紙の書き出し(12月)

  • 師走に入りますますご多忙かと存しますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 師走の風の冷たさはひとしおとは存じますが、ご健勝にお過ごしでしょうか。
  • 今年のカレンダーも残すところあと一枚となりました。
  • 寒さが一段と身に染みる季節がやってまいりました。
  • 布団から出るのもつらい季節になりましたが、元気にお過ごしですか。
  • 今年も年末の準備に人手が多くなってきました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2229