お悔やみの手紙の書き方

お悔やみの手紙は、会葬できない失礼を詫び、弔意を伝えるものです。すぐに届くという点では弔電というのもありますが、気持ちの伝え方という点で考えれば、やはりお悔やみの手紙を書くほうが気持ちが伝わります。お香典やお供物を送る場合は、手紙といっしょに添えて送るようにします。


お悔やみの手紙のマナー

お悔やみの手紙では、形式的な文章はかえって失礼にあたります。自分の気持ちを素直に表すことを心掛けて書くようにします。

  • 忌み言葉を使用するのは避けます。
  • 不幸が重なるということを連想させる二重封筒は使わないようにします。
  • 相手の宗派にも気を使い、その仏教用語が適切であるかに注意をはらって使用します。
  • お悔やみの手紙は訃報(ふほう)を受けてからすぐに出すようにします。遅くとも初七日前に出すのがマナーです。
  • 頭語などの時候の挨拶は省略します。
  • 白無地の便箋薄墨で書きます。薄墨のない場合筆ペンでも可能ですが、その際は弔辞用の色の薄い筆ペンで書きます。
  • 葬儀に参列できない理由を書く必要はありません。

避けるべき忌み言葉

お悔やみの手紙では、重なるや死などを連想させる以下のような言葉は使用しないようにします。

  • 浮かばれる
  • たびたび
  • 重ね重ね
  • 重なる
  • 再三
  • 死亡
  • 死去
  • しばしば
  • また
  • 返す返す
  • くれぐれも
  • 生存
  • ようやく

お悔やみの手紙を書くときのポイント

お悔やみの手紙を書くときは遺族の身になって故人を追悼し、遺族をいたわる気持ちを伝えます。もし、故人や故人の家族とつながりが深い場合は、共有する思い出などを織り交ぜた手紙を書くことで、遺族と心が通い合った手紙を書くことができます。

ただし、思い出話ばかりを書き連ねたり、感傷的になりすぎる文章は良くありません。あくまでも遺族への励ましやいたわりの言葉が中心となる手紙を書くことが大事です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2230