敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)の使い方

解かっているつもりが意外と間違えやすいのが尊敬語・謙譲語といった敬語の使い方です。手紙は会話と違い、後々まで残るものです。自分が恥をかくだけでなく、相手にも失礼にならないよう敬語はきちんと使うようにしたいものです。


敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)の種類

敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。違いは以下のようになります。

  • 【尊敬語】 相手に敬意を表す言葉。相手側の呼び名や動作を示す動詞ど使用。
  • 【謙譲語】 自分のことをへりくだって間接的に相手に敬意を表す言葉。自分側の呼び名や動作を示す動詞に使用。
  • 【丁寧語】 丁寧な言葉遣いをすることによって相手に敬意を表す言葉。

手紙を書くときは丁寧語を使って文章を書くのが基本となります。また使い方が過剰になりすぎたり、自分がへりくだりすぎると、かえって嫌味のようになってしまう場合もあります。気をつけましょう。


敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)の作り方

尊敬語の作り方

  • 名詞に「お、ご、芳、貴、尊」などをつける
  • 特別な動詞の尊敬語を使う(例、おっしゃる)
  • 動作を表す言葉を「お(ご)~になる、お(ご)~なさる、お(ご)~くださる」ではさんで作る
  • 尊敬を表す助動詞「れる、られる」をつける

謙譲語の作り方

  • 名詞に「拙、卑、愚、小、粗」などをつける
  • 特別な動詞の謙譲語を使う(拝見する、申し上げる)
  • 動作を表す言葉を「お(ご)~する、お(ご)~いたす、お(ご)~申す」ではさんで作る

丁寧語の作り方

  • 名詞に「お、ご」をつける
  • 「~です、~でございます、~ます」調にする

よく使う敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)一覧

以下はよく使う敬語の変換一覧表となります。迷ったときは参考にしてください。

普通の表現 尊敬語 謙譲語 丁寧語
会う お会いになる、会われる お目にかかる、お会いする 会います
与える お与えになる、お与え下さる 差し上げる、進呈する 与えます
言う おっしゃる、言われる 申す、申し上げる 言います
行く いらっしゃる、おいでになる 伺う、参る 行きます
受け取る お納めになる、ご査収になる いただく、拝受する 受け取ります
送る お送りになる、お送りなさる お送りする、ご送付する 送ります
贈る お贈りになる、お贈りなさる お贈りする、お贈り申し上げる 贈ります
思う お思いになる、思し召す 存じ上げる、拝察する 思います
買う お買いになる、お求めになる 買わせていただく 買います
帰る お帰りになる、帰られる お暇(いとま)する 帰ります
借りる お借りになる、借りられる お借りする、拝借する 借ります
考える お考えになる、ご高察なさる 考えておる、拝察する 考えます
聞く お聞きになる、聞かれる 伺う、拝聴する 聞きます
着る お召しになる、召される 着させていただく 着ます
来る いらっしゃる、おいでになる 参る 来ます
知る お知りになる、ご存じになる 存ずる、存じ上げる 知っています
尋ねる お尋ねになる、尋ねられる 伺う、お尋ねする 尋ねます
食べる 召し上がる いただく、頂戴する 食べます
待つ お待ちになる、お待ちくださる お待ちする 待ちます
見る ご覧になる、ご高覧くださる 拝見する、見せていただく 見ます
もらう お受け取りになる、お納めになる いただく、頂戴する もらいます
読む お読みになる、読まれる 拝読する、読ませていただく 読みます
いる いらっしゃる、おいでになる おる います

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】