のし袋の表書き

のし袋とはのしのついた祝儀袋のことをさします。のしは慶事ではつけますが、弔事ではつけません。また、のしには様々な形と大きさのものがあります。使い分けには一応の決まりはありますが、それほど厳密な決まりはありません。

  • 方折りのし・・・結婚祝に使われる
  • 両折りのし・・・慶事一般に使われる
  • 飾りのし・・・結婚祝や高額を包む場合に使われる

のしとは?

昔、お祝い事には海産物が供されており、そこから贈答品に”のしあわび”を添える習慣が生まれました。それが次第に紙で代用されるようになり、現代ののしになった言われているようです。紅白の紙にはさまれた黄色い紙が”のしあわび”というわけです。のしは慶事ではつけますが、弔事ではつけません。その理由は殺生を避けるということからきているとされています。


のし袋の表書きの書き方

のし袋の表書きは、水引(みずひき)の上中央に書きます。氏名は水引の下中央に、表書きよりやや小さめに書きます。

のし袋の表書きと氏名は毛筆で書くのが正式なマナーとなります。ただ毛筆が不得意な人は筆ペンでも構いません。ボールペンや万年筆などはNGです。

また、慶事であるのし袋には、濃い墨で表書きと氏名を書きます。文字は崩して書かず楷書で書くようにします。ただし、「寿」という表書きだけは崩して書いても良いことになっています。

のし袋の表書きを書くときのポイントは、画数の多い字は大きめに画数の少ない字は小さめに書くとバランスの取れた美しい表書きになります。


様々なパターンの氏名の書き方

  • 肩書きは姓名の右上に少し小さめの字で書きまう
  • 代表者名は中央に書き、「外一同」は左下に小さめに書きます
  • 団体で贈るときは、のし袋の中に姓名を列記した別紙添えます。のし袋に代表者名を書く場合も別紙を添えるほうがよいでしょう。
  • 名刺を貼るのは略式です。張る場合は左下に貼ります。
  • 宛名は左上に書きます。一度に多人数に贈るときに書いておきます。
  • 連名は右上が目上となります。宛名を書くときはその逆となります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】