香典の表書き

通夜や告別式に持参する金包みを香典といいます。もともとは仏教用語で他宗教の葬儀の場合には使わないのですが、現在では一般的に定着しているため、ここではどの宗派でも故人に贈る現金を「香典」と呼ぶことにします。


香典の表書きのポイント

香典の表書きも、香典袋の体裁も、宗教や宗派によって違います。また、香典の表書きは薄墨で書くという習慣もあります。ただ薄墨を用意するのも大変ですので薄墨用筆ペンを購入するのも一つの方法です。

不幸に対して用意していた、と受け取られないために新札は使わないというのもマナーの一つです。だからといってくしゃくしゃなお札を香典袋に入れるのも何ですから、気になる人は新札を一度折ってから香典袋に入れると良いでしょう。


各宗教ごとの香典の表書き

香典の表書きは各宗教・各宗派で違ってきますので、以下を参考に間違わないようにします。

仏教式の香典表書き

仏教式では、白黒や銀のみの水引を結びきりにしてかけますが、当然弔事ですのでのしはつけません。もし香典袋に蓮(はす)の花が描かれている場合は仏教専用の香典袋になりますので、他の宗教では使えません。

  • 「御香料(おこうりょう)」・・・「線香代の代わりとして」という意味の香典表書き、全宗派用
  • 「御霊前(ごれいぜん)」・・・四十九日まで使える香典表書き、浄土真宗系以外の宗派用
  • 「御仏前(ごぶつぜん)」・・・浄土真宗系の葬儀で使う香典表書き、他の宗派の場合は四十九日以降であれば使用可

神道式の香典表書き

神道では白のみか銀のみの水引を結びきりにするのがマナーです。当然のしはつけません。

  • 「玉串料(たまぐしりょう)」・・・神道式の玉串奉奠(たまぐしほうてん)をする際の玉串代に、という意味の香典表書き
  • 「御榊料(おさかきりょう)」・・・「玉串料(たまぐしりょう)」と同様に使える香典表書き
  • 「御神饌料(ごしんせんりょう)」・・・神饌は神に供える食物のことをさし、「玉串料(たまぐしりょう)」と同様に使える香典表書き
  • 「御霊前(ごれいぜん)」・・・蓮の絵が書いていない香典袋を使用する場合の香典表書き

キリスト教式の香典表書き

キリスト教専用の十字架やゆりの柄がついた香典袋を使用するのがキリスト教式の特徴です。もしその香典袋がない場合は無地でもマナー違反にはなりません。仏教式・神道式と違い、水引は使用しませんので注意が必要です。当然のしも使用しません。

  • 「お花料」・・・カトリック・プロテスタントどちらでも使える香典表書き
  • 「御ミサ料・御霊前」・・・カトリック教会での葬儀の際に使える香典表書き

香典表書きの署名

署名に関しては宗教・宗派を問わず共通で、水引の下中央またはやや左よりに姓名を書きます(キリスト教式の場合、水引は基本的に使用しませんので、大体の位置で書きます)。なお、遺族が住所を知らない場合は、名前の右肩に小さく住所を書くか、名刺を少し左に寄せて貼っておくようにしましょう。


香典の意味と贈る時期

香典とは「死者の霊に手向けるお香の代金」という意味で、香料とも香資とも言います。

昔は現金の代わりに、葬儀の日のための米や野菜・麦などが贈られていたようです。現在でも地方によっては、葬儀の日に近親者から送られた米俵を喪主の玄関の前に飾っておく風習が残っているところもあるようです。

香典を贈る時期ですが、死去の知らせを受けて駆けつけたときは遺族もごたごたしていますので、香典は持参しないほうが良いようです。通夜か告別式に持参して受付に差し出しましょう。

もし、通夜や告別式に参列できないときは郵送するか、後で弔問するときに持参するようにします。郵送するときは、必ず丁重なお悔やみ状をつけるようにしましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】