礼状の文例

日常の付き合いの中で、礼状を出すシーンがあり、その礼状の書き方にもマナーがあります。以下は礼状の文例です。礼状を出すときの参考にしてください。


【礼状文例】:子供の成長の節目

礼状文例の構成

  1. 前文の挨拶
  2. お祝いへのお礼
  3. お祝いの金品について
  4. 祝い事への感慨と今後の抱負
  5. 末文の挨拶

お祝いへの礼状文例

  • このような身にあまるお心遣いをいただき、非常に恐縮しております。
  • このたびはご丁寧にお祝いをいただき、本当に感謝しております。
  • 色々ご心配をおかけしましたが、おかげさまで無事卒業となりました。

お祝いの金品についての礼状文例

  • いただいた文具券は○○のランドセルを買わせていただきました。本人も非常に気に入っております。
  • いただきました万年筆は非常に書きやすく、大変重宝しております。本当にありがとうございました。
  • 頂戴したお祝いをどのように使わせていただくかまだ決めておりませんが、使わせていただきました際は改めてご連絡させていただきます。

祝い事への感慨と今後の抱負についての礼状文例

  • 今後ともご厚誼(こうぎ)いただきますようお願い申し上げます。
  • 新しい場所での生活への期待と不安でいっぱいですが、人生の先輩として今後ともご指導お願いいたします。
  • おじさん、これからも色々アドバイスお願いしますね。

末文の挨拶の礼状文例

  • まずはお礼のみにて失礼させていただきます。
  • 取り急ぎお礼まで。

【礼状文例】:内祝いのお礼状

礼状文例の構成

  1. 前文の挨拶
  2. お祝いへのお礼
  3. 近況報告と今後の交誼のお願い
  4. 内祝いの品について
  5. 末文の挨拶

近況報告と今後の交誼のお願いについての礼状文例

  • 初めての育児のため皆様にはご心配をおかけしましたが、母子ともに健康に過ごしております。
  • まだまだ不慣れな母親ですが、今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
  • 新築に際しまして、このような気の効いたものをいただき、家族全員感謝しております。
  • 新居での生活にもようやく慣れ、家の中もやっと落ち着いてきました。こちらに来られた際には、是非お立ち寄りください。
  • このたびの開店にこのような美しい花を添えていただき、誠に感謝しております。この花を見るたびに感謝するとともに、がんばらなければという思いでございます。
  • 皆様のご支援のおかげで、やっとここまで辿り着くことができました。これからも夫婦二人力を合わせて邁進していく所存でございます。
  • 心温まるお見舞い状をいただきありがとうございました。どんなに励まされたか筆舌につくせません。
  • ささやかですが、快気祝いの品をお送りしましたので、お納めくださればと存じます。

【礼状文例】:お中元・お歳暮

礼状文例の構成

  1. 前文の挨拶
  2. お中元・お歳暮へのお礼
  3. 品物への感想
  4. 末文の挨拶

前文の挨拶の礼状文例

  • 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 皆様変わりなくお過ごしとのこと、何よりと存じます。

お中元・お歳暮への礼状文例

  • このたびは非常に貴重な品をいただき、感謝しております。
  • 早々のお中元のご恵送、誠にありがとうございます。
  • このたびは私どもの大好物をいただき、家族一同大変喜んでおります。

品物への感想に関する礼状文例

  • 甘いものに目が無い私どもにとって、何よりのご馳走でした。
  • 現地に行ってもなかなか手に入らないといわれている貴重なものをお贈りいただき、本当にありがとうございます。
  • こんなにおいしいものをいただき、家族一同幸せな気分に浸っております。

末文の挨拶の礼状文例

  • 寒さの厳しい折ですが、どうかくれぐれもご自愛ください。
  • 暑い日が続きますが、夏ばてなどなさらぬようご自愛ください。
  • 来年も変わらぬお付き合いをお願いいたします。
  • 今後とも変わらぬご厚誼のほどをよろしくお願い申し上げます。

【礼状文例】:旅行のお土産

礼状文例の構成

  1. 前文の挨拶(親しい間柄の場合省略可)
  2. お土産をいただいたお礼
  3. お土産への感想
  4. 今後の挨拶
  5. 末文の挨拶

前文の挨拶の礼状文例

  • 先日までヨーロッパに出張されていたそうですが、あちらの気候はいかがでしたか。
  • 先日まで京都に旅行されていたそうですね。さぞかし紅葉狩りをお楽しみになったことでしょう。

お土産をいただいた礼状文例

  • お忙しいビジネス旅行なのに、このような素晴らしいお土産をいただき恐縮です。
  • これが以前お話されていた名産品ですね。本当に素晴らしいグラスで使うのがもったいないほどです。
  • こんなに重いものをお持ち帰るのはさぞ大変だったでしょう。本当にありがとうございます。

今後の挨拶の礼状文例

  • またお目にかかれる日を楽しみに待っています。
  • こちらに来られた際には、是非我が家にもお立ち寄りください。家族一同お待ちしております。

【礼状文例】:結婚記念日祝い

礼状文例の構成

  1. 前文の挨拶(親しい間柄の場合省略可)
  2. 品物をいただいたお礼と感想
  3. ともに歩いてきた日々への感慨
  4. 今後の抱負
  5. 末文の挨拶

ともに歩いてきた日々への感慨の礼状文例

  • 結婚して25年、こうして銀婚式をむかえることができたのも家族の支えが会ったからだと改めて感じております。
  • 今思えば、妻の大病を二人で乗り越えてきたからこそ、今日の絆が固く結ばれたのではないかと感じております。
  • 十年一昔と申しますが、山あり谷ありの毎日で本当にあっという間でした。

今後の抱負の礼状文例

  • 皆様の温かい励ましを人生の糧として今後も生きてまいりたいと存じます。
  • 今後も健康に注意し、長寿を全うする所存でございます。

【礼状文例】:就職祝い

礼状文例の構成

  1. 品物をいただいたお礼
  2. 相手との思い出と感慨
  3. 品物の使い道と感想
  4. 今後の抱負
  5. 末文の挨拶

相手との思い出と感慨の礼状文例

  • こんな若輩者に心遣いいただき、非常に感激しております。
  • いつも迷惑ばかりかけてきた私なのに、こんなプレゼントまでいただいて本当に恐縮です。

【礼状文例】:餞別(せんべつ)

礼状文例の構成

  1. 前文の挨拶
  2. 品物をいただいたお礼とこれまでのお礼
  3. 今後の抱負
  4. 末文の挨拶

品物をいただいたお礼とこれまでの礼状文例

  • お忙しいにもかかわらず、わざわざ私のために送別会を開いていただき誠に恐縮です。
  • こんなにも心のこもったお心遣いをいただき、胸が熱くなりました。
  • このたびの本社への転任に際して、このような心のこもったはなむけをいただき厚く御礼を申し上げます。在任中は何かとお世話になり、本当にありがとうございました。
  • 今後は転任先で一生懸命邁進する所存でございますので、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

【礼状文例】:お世話になった人

礼状文例の構成

  1. 前文の挨拶
  2. お世話になったお礼
  3. 相手の厚意や協力へのお礼
  4. 今後の抱負
  5. 末文の挨拶

相手の厚意や協力への礼状文例

  • ご心配をおかけいたしておりましたが、本日第一志望の会社より内定通知をいただきました。
  • この結果は、○○様のご尽力のおかげだと感謝しております。
  • 折角お力添えをいただきましたのに、私の力不足ゆえ今回は不採用となりました。
  • 結果的には希望部署での採用はなりませんでしたが、○○様のご紹介をいただいた結果、担当者の方とは終始なごやかに話をすることができました。
  • お忙しいにもかかわらず、現地を案内していただき非常に助かりました。誠にありがとうございました。
  • 時間がたつのも忘れてすっかりくつろいでしまいました。ご家族の方には夜遅くまでご迷惑をおかけし、大変恐縮しております。
  • 子供にとって有意義な夏休みを提供していただき誠にありがとうございました。本人もとても楽しかったようで来年も行きたいと申しておりました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】