招待状の文例(例文)

招待状は何かの集まりやイベントを行う告知のために出すものです。招待状の場合は、集まりやイベントに相手をお客様としてお呼びするものです。「是非出席願いたい」という気持ちを込めて、丁寧な文で敬意を払ってお願いします。招待状は参加者に金銭の負担がないようにするのが基本です。


招待状の書き方マナー

招待状を書くときは、会合の目的、日時、会場の住所・連絡先などの必要事項を「記書き」にして解かりやすく知らせます。さらに会場までのアクセス方法を記した地図などを添えると、来場者も迷わないので喜ばれます。

送る時期としては、当日の一ヶ月前から二週間前までには届くように送るのが基本です。もし出席人数を把握する必要がある場合は、出欠のための返信用はがきを同封するか往復はがきで出すようにしましょう。

招待状の返信用はがきの書き方

出欠用返信はがきは

  • 返信先の名前の下は「行」にする
  • 通信面には「ご出席」「ご欠席」「ご住所」「ご芳名」にする

という点を守って作成します。


お祝い事への招待状の文例(例文)

お祝い事といっても様々あります。そのお祝い事が大人数での華やかな会合か小人数でのプライベートパーティであるかによって招待状の書き方も変わってきます。

大人数での祝賀会やパーティなどの場合は招待状も礼儀を尽くした文面で送るようにします。日時・会場などは必ず「記書き」にし、返信用はがきも同封するようにします。また、文章は横書きにせず縦書きにするのがマナーです。会費を取らない場合のみ「ご招待状」、会費をとる場合は「ご案内状」となるので間違わないようにします。

招待状の構成

  1. 前文の挨拶
  2. お祝い事の内容
  3. 会合の日時・場所
  4. 出席のお願い
  5. 出欠の確認方法
  6. 末文の挨拶

お祝い事の内容の文例(例文)

  • お蔭様で母も数えで○歳を迎える運びとなりました。
  • これまでのご厚誼に感謝の意を申し述べたく、このような会合を開催する・・・
  • かねてより準備しておりましたレストランが、○月○日開店する運びとなりました。

出席のお願い文例(例文)

  • 左記の通り開催いたしますので、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。
  • 何もおもてなしもできませんが、足をお運びいただければ幸いに存じます。
  • 還暦のしるしにささやかな席をご用意させていただきましたので、どうぞご臨席くださいますようお願い申し上げます。

出欠の確認文例(例文)

  • お手数ですが、同封の返信用はがきに出欠を記入の上ご返信くださいますようお願いいたします。
  • 是非おいでいただきたく存じますが、ご都合の悪い場合はご連絡ください。
  • なお、後日改めてご都合をお伺いいたしますので、その際はよろしくお願いいたします。

ホームパーティへの招待状の文例(例文)

ホームパーティの場合は招待状にどのような方を招いているか記載しておくと良いでしょう。大人数のパーティと違って互いが話をしたり顔を付き合わせることになるため、気まずい雰囲気になってしまう人も居るかもしれないからです。

招待状の構成

  1. 前文の挨拶
  2. パーティの趣旨
  3. 開催日時・場所
  4. 出席のお願い
  5. 参加メンバーについて
  6. 末文の挨拶

パーティの趣旨文例(例文)

  • 田舎から届きました珍味をごいっしょにと思い、我が家にてささやかパーティを開くことにしました。
  • 12月25日にちょっとしたクリスマスパーティを開きたいと思います。
  • 毎年恒例のバーベキュー大会を今年も開催します。

出席のお願い文例(例文)

  • ささやかなパーティですが、是非お越しください。
  • 差し支えなければ、是非ご出席お願いします。
  • お菓子やジュースも用意しておりますので、お子様もご一緒にご出席下さい。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】