出産祝いへのお礼状

出産祝いのお礼に「内祝い」を送るとき、お礼状も添えて送ります。送る時期はお宮参りの前後(大体生後1ヶ月あたり)に送ります。


出産祝いへのお礼状のマナー 

「内祝い」とは、身内のおめでたをいっしょに祝ってもらうという意味です。もともとは出産のお祝いをもらったかどうかに関わらず、自発的に行っていた慣習でした。ですから「いただいたからお返しする」という姿勢で「内祝い」とお礼状を送ることは失礼になります。

そのような理由のため、出産祝いのお礼状には「お返しとして」や「返礼に」といった「いただいたからお返しする」という意味合いの文面は使いません。「喜びの気持ちをおすそ分けする」という文面で喜びや感謝の気持ちを表現するようにしましょう。

また内容的には、育児の奮闘記を書いたり、体調の回復や家庭の状態についてなどを書くと良いでしょう。ただし、送る相手が独身の女性の場合はやや遠慮がちな文面にするようにします。


出産祝いのお礼状文例(例文)

お礼状の構成

  1. 前文の挨拶
  2. お祝いへのお礼
  3. 近況報告と今後のお願い
  4. 内祝いの品について
  5. 末文の挨拶

お祝いへのお礼文例(例文)

  • 私どもの長男誕生に際しまして、早速のお祝いをいただき誠にありがとうございます。
  • 私どもの長女誕生に際しましてのお心遣い、誠にありがたく存じます。

近況報告と今後のお願いへの文例(例文)

  • 幸いにも母乳の出が非常によく、○○もすくすくと育っております。
  • 初めての育児のため皆様にはご心配をおかけしましたが、お蔭様で母子ともに健康に過ごしております。
  • まだまだ不慣れな親ですが、今後ともご指導ご鞭撻(べんたつ)のほど、よろしくお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2252