会葬礼状のマナー

会葬礼状は基本的に葬儀当日に出します。葬儀の準備に追われ時間が無い場合は、葬儀社が用意した文例を用意すると良いでしょう。葬儀社に依頼すれば作成から印刷まで一貫して行ってくれます。


会葬礼状のマナー

もし会葬礼状を自分で書く場合は、以下のようなマナーに注意するよう気をつけます。

  • 頭語や時候の挨拶は省いても失礼にあたらない
  • 忌み言葉や重ね言葉などは使わない
  • インクは明るい色を使わず、ペンの場合は黒、筆を使う場合は薄墨で書く
  • 宗教や宗派による葬儀用語に気をつける

タブーとされる忌み言葉・重ね言葉

会葬礼状を書くときタブーとされている忌み言葉・重ね言葉は以下のようになります。これらは重なる・死などを連想されるため、会葬礼状を書くときは使用しないようにします。

  • 浮かばれる
  • たびたび
  • 重ね重ね
  • 重なる
  • 再三
  • 死亡
  • 死去
  • しばしば
  • また
  • 返す返す
  • たまたま
  • くれぐれも
  • 生存
  • ようやく

会葬礼状の書き方文例(例文)

本来会葬礼状は葬儀後に郵送するのが基本ですが、今は通夜や告別式で渡すのが一般的になってきています。ですから基本的には葬儀社に用意してもらうと良いでしょう。ただし、故人が生前お世話になった人には、後日改めて自筆の礼状を家族が書くようにしましょう。

会葬礼状の構成

  1. 死亡者の名前
  2. 会葬のお礼
  3. 結びの挨拶
会葬のお礼文例(例文)
  • 亡き父の葬儀に際しまして、暑い中をご参列いただき誠にありがとうございました。
  • たくさんの方に見送られ、母も喜んでいることと思います。
  • まだまだやりたいことがあるといっていた矢先でしたので、本人もさぞや無念だったのではないでしょうか。
  • ご丁寧な弔辞をいただいたばかりか、過分なるお心遣いまでも賜りまして厚く御礼申し上げます。
  • ご多忙にもかかわらずご列席いただき、厚く御礼申し上げます。
結びの挨拶
  • 本来ならば参上しご挨拶申し上げるべきところ、まことに略儀ながら書中をもちましてお礼申し上げます。
  • 今後ともご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
  • 葬儀の際には十分なご挨拶も申しあげることができす、大変失礼いたしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2256