退職あいさつ状の書き方

退職者は退職のあいさつ状を書き、同僚に別れの挨拶をしますが、この退職あいさつ状は内容を正確に伝えることが大切です。社内に対してであればそれほど形式は気にしなくても構いませんが、相手が取引先やお客様である場合は十分な敬意を表する文面にする必要があります。

退職あいさつ状の内容としてはこれまでお世話になったことへの感謝や今後の支援のお願いを書くようにします。この場合特に気をつけるべきことは、例え個人として書いたものでも会社として発行したことになる場合もあるということです。ですから社外取引先等にに向かって退職あいさつ状を書く場合は、会社を代表して書いているという認識をもって書くことが大切です。


退職あいさつ状の書き方とマナー

日本のビジネス社会では「礼儀」ということを非常に重要視します。退職のあいさつ状の書き方に関してもそれは同じです。書式や習慣などを踏まえたあいさつ状の書き方が求められます。

退職のあいさつ状の書き方は、「前文」「主文」「末文」のフォーマットを尊重し、「頭語」「結語」「時候の挨拶」などを的確に使用するようにします。日常生活では使わないような堅苦しい文章表現も、退職のあいさつ状では常識と言えます。敬語、謙譲語も正確に使い、誤字脱字は決してないように気をつけます。


退職のあいさつ状フォーマット

退職のあいさつ状は退職日の一ヶ月前を目安に出すようにします。

退職あいさつ状の基本構成

  1. 頭語
  2. 時候の挨拶
  3. 退職の通知
  4. 在職中のお礼
  5. 今後の予定
  6. 今後のお願い
  7. 結びの挨拶
  8. 結語
退職の通知
  • さて、このたび一身上の都合により○○株式会社を○月末日にて退職することになりました。
  • さて、突然ですが、これまで○年に渡ってお世話になった○○株式会社を○月末日付けで円満退社いたしました。
在職中のお礼
  • 在職期間中は、皆様より格別のご厚誼を賜り、誠にありがとうございました。
  • 在職中はひとかたなるご厚誼をいただき、厚く御礼申し上げます。
今後の予定
  • 今後は故郷に戻りまして、実家の家業を継ぐ予定でございます。
  • 今後は幼少の頃からの夢である陶芸の道に進むつもりでございます。
  • 今後の予定でございますが、かねてから念願であったイチゴの栽培に身をゆだねることになりました。
今後のお願い
  • なお、○○にお越しの際は、ぜひ拙宅までお越しください。家族ともども心よりお待ち申し上げて降ります。
  • 親しくしていただきました皆様とは遠く離れてしまいますが、今後もこれまでと変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2262