暑中見舞いの書き方、残暑見舞いの書き方

暑中見舞い・残暑見舞いは、厳しい暑さの中で相手の健康を気遣う便りを出し、お互いの近況を報告しあうのを目的として出す季節の挨拶状です。梅雨明けから「小暑(7月7日頃)」「大暑(7月23日頃)」を挟んで「立秋(8月7日頃)までに出す場合には暑中見舞い、それ以降8月31日までに出す場合は残暑見舞いと言います。


暑中見舞い・残暑見舞いのマナー

暑中見舞いや残暑見舞いは基本的に親しい人たち同士でやり取りする手紙です。ですからそれほどマナーについてはうるさくありません。文章は話し言葉に近い表現でも大丈夫です。

ただし、目上の人に送る場合は敬語を使った文章にするように気をつけます。また、「見舞う」という言葉は本来目上の人から目下の人に使うことばなので、目上の人に送る場合は「暑中お見舞い申し上げます」ではなく、「暑中お伺い申し上げます」にするのがマナーです。当然「残暑お見舞い申し上げます」も目上の人に送る場合は「残暑お伺い申し上げます」となります。

暑中お見舞い・残暑お見舞いの最後には日付を書きますが、暑中見舞いの場合「平成○年 盛夏」と書けますが、残暑見舞いの場合は「盛夏」とは書きません。理由は残暑見舞いの場合暦上は秋であるからです。「盛夏」の変わりに「平成○年 晩夏」「平成○年 立秋」「平成○年 葉月」などと書くようにします。


暑中見舞い・残暑見舞いの文例(例文)

手紙の基本構成

  1. 暑中お見舞い・残暑お見舞いの言葉
  2. 時候の挨拶
  3. 自分の近況報告
  4. 相手の近況伺い
  5. 健康を気遣う言葉
暑中(残暑)お見舞いの言葉
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お伺い申し上げます(目上の人に送る場合)
  • 残暑お見舞い申し上げます
  • 残暑お伺い申し上げます(目上の人に送る場合)
時候の挨拶
  • 毎日蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 酷暑(猛暑、炎暑、盛夏)の候
  • 今年は例年になく涼しいようでございますが、お元気でいらっしゃいますか。
  • 毎日暑い日が続きますが、ご体調はいかがですか。
自分の近況報告
  • 私はといえば、風呂上りのビールが毎日の楽しみとなっている次第です。
  • お蔭様で家族一同、風邪ひとつひかず元気に暮らしております。
  • 先日は海水浴に出かけましたが、子供たちは真っ黒に日焼けするまで楽しそうに波と遊んでいました。
  • 子供が一人暮らしを始めましたので、心に余裕のある日々を送ることができるようになりました。
相手の近況伺い
  • 夏休みのご予定はもうお決まりでしょうか。
  • 夏休みを迎え、○○ちゃんもさぞお喜びのことでしょう。
  • 新居での初めての夏はいかがでしょうか。
健康を気遣う言葉
  • お忙しい毎日とは思いますが、お体にお気をつけください。
  • まだまだ厳しい暑さが続くと聞きます。どうか無理をなさらずご自愛ください。
  • これからが夏本番です。夏バテせぬようお体を大事になさってください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2266