寒中見舞いの書き方と文例(例文)

寒中見舞いの書き方

近親者に不幸があった場合、一般に一年間は喪に服してその間は年賀状を出さないのが慣習です。もし、その喪中に年賀状を受け取った場合は松の内(1月7日)を過ぎてから寒中見舞いを出します

また、年賀状を出すのが遅くなってしまった場合も「寒中見舞い」を出します。出す時期は松の内を過ぎてから立春(2月4日)頃までを目安にしましょう。それ以降に出す場合は「余寒見舞い」となります。

相手が喪中の場合の寒中見舞いは、あまり悲しみに触れるような事は書かずに健康を祈る程度の内容にします。また事前に喪中とわかっている場合は、年内にはがきなどで慰めの言葉を送ると良いでしょう。


寒中見舞いの文例(例文)

手紙の基本構成

  1. 寒中見舞いの言葉
  2. 時候の挨拶
  3. 年賀状へのお礼
  4. 年賀状が遅れた理由とおわび
  5. 結びの言葉
寒中見舞いの言葉
  • 寒中お見舞い申し上げます。
  • 寒中お伺い申し上げます(相手が目上の人の場合)。
  • 酷寒のお見舞い申し上げます。
時候の挨拶
  • 寒さ厳しい折ではございますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 底冷えする毎日が続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 例年に無く厳しい寒さが続いておりますが、ご体調はいかがでしょうか。
  • 本格的な寒波が到来しましたが、いかがお過ごしですが。
年賀状へのお礼
  • ご丁寧な賀状をいただき、誠に有難うございました。
  • 新年の賀詞を賜り、誠に有難うございました。
  • ご丁重な新年のご挨拶に恐縮しております。
  • さて、このたびは丁寧なご年始状をいただき有難うございました。
年賀状が遅れた理由とおわび
  • 実は年末より風邪をこじらせておりまして・・・
  • 仕事に追われていたとはいえ、皆様には不義理をいたす結果となったこと・・・
  • 実は、昨年○月に母京子を亡くし、喪に服しておりますので、年末年始のご挨拶は控えさせていただきました。
結びの言葉
  • 本年もご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
  • まずは寒中お伺い申し上げます。
  • 明年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。
  • 故人に代わりまして生前のご厚誼に対し御礼申し上げます(故人に年賀状が届いた場合)。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2267