お中元の送り状の書き方

お中元の送り状はお中元の添え状として送ります。お中元は7月初旬~15日(月遅れの盆を迎える地域では7月末~8月15日)にかけて送りますので、送り状もそのときに同封するか、お中元より前に届くように送付します。


お中元の送り状の書き方

お中元は、日ごろからお世話になっている人に感謝の気持ちを添えて贈るものです。送り状はその気持ちを文章にして送るものなので、基本的にはお中元の品物に同封するようにします。

文面に関しては、ビジネス上の付き合いや目上の人には手紙の形式にのっとった文面にしますが、親しい間柄の人にはあまり気にせず、気持ちが伝わるような文面にすればよいでしょう。なお、お中元には季節の挨拶やご機嫌伺いの意味合いが強くありますので、時候の挨拶(あいさつ)は必須となります。

お中元の品物については「お中元として」といった直接的な表現は避けましょう。「お中元のしるしとして」「夏のご挨拶として」といったオブラートに包んだ表現が好まれます。

お中元の表書きの書き方

お中元の品物を7月15日(月遅れの盆の場合は8月15日)までに贈れなかった場合の表書きは「暑中御見舞」(目上の人の場合は「暑中御伺」)と書いて贈ります。もし、立秋(8月8日ごろ)を過ぎた場合は「残暑御見舞」(目上の人の場合は「残暑御伺」)と書いて贈ります。


お中元の送り状文例(例文)

送り状の基本構成

  1. 時候の挨拶(あいさつ)
  2. 日ごろの感謝・ご無沙汰のお詫び
  3. 贈り物について
  4. 末文の挨拶
時候の挨拶(あいさつ)
  • 暑さが厳しくなってまいりましたが、皆様お変わりありませんか。
  • 連日の雨で気もふさぐ日々が続きますが、お元気でいらっしゃいますか。
  • 長かった梅雨もようやく明け、待ちに待った夏が到来しました。
  • 日差しが日増しに強くなる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか
日ごろの感謝・ご無沙汰のお詫び
  • すっかりご無沙汰してしまい、誠に申し訳なく存じます。
  • 平素は何かとお世話になりながら、ついついご無沙汰してしまい、心よりお詫び申し上げます。
  • 平素はひとかたならぬご指導をいただき、妻ともども心よりお礼申し上げます。
  • 日ごろより主人がたいへんお世話になりまして、誠にありがたく存じております。
贈り物について
  • いつお世話になっていることへの気持ちばかりのお礼として、○○をお送りします。
  • 本日心ばかりのお中元のしるしとして、○○を送らせていただきました。
  • 本日心ばかりの夏のご挨拶として、○○を送らせていただきました。
  • 二、三日中にはお手元に届くと思いますので、どうかお納めください。
末文の挨拶
  • 厳しい暑さに向かいます折から、お体には十分お気をつけなさってお過ごしください。
  • まずは、お中元のご挨拶を申し上げます。(別便で品物を送る場合)
  • 今年は猛暑とのこと。体調を崩されませんようご自愛ください。
  • 今後とも変わらぬご指導のほどをお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】