四十九日(49日・満中蔭)の法要

法要(法事)は身内だけで執り行うことが多いのですが、仏教では忌明けにあたる四十九日(49日・満中蔭)に知人や友人を招いて法要(法事)が営まれます。

基本的に法要(法事)は案内を受けて出席するものです。よって、案内状が来たときはなるべく早く返事をし、できるかぎり出席するようにします。もし、出席できない場合は、欠席を詫びる返事を書きましょう。


四十九日(49日・満中蔭)とは

仏教では「中陰の七仏事」といって、死後7日ごとに法要を営み死者を弔うしきたりがあります。四十九日(49日・満中蔭)はその最終回にあたる七七日(この日の審判で死者の運命が決まるとされています)であり、昔はここまでが葬式とされていたようです。

この四十九日(49日・満中蔭)は「初七日」「五七日忌」と並んで特に重要な忌日とされています。この日は寺院や自宅で僧侶の読経のあと、茶菓や精進料理を供して法要を営みます。


四十九日(49日・満中蔭)の法要で包むお金

四十九日(49日・満中蔭)の法要には供物(くもつ)か現金を持参するようにします。包みは香典袋のときと同じ黒白の水引がかかった不祝儀袋か白封筒を使います。表書きは「御仏前」「御香料」「志」とします。

四十九日(49日・満中蔭)の法要では香典の半額を包むのが目安とされています。ただし、実際には1万円ほど包む人が多いようです。

寺院や墓前での法要の場合

供え物は寺院で用意するするため、弔問客は現金を包むだけにし、挨拶のときに施主に渡します。なお浄土真宗以外は「塔婆料(とうばりょう、参列者が供養のために墓地に供えるもの。不祝儀袋に塔婆料と表書きする)」が必要です。寺ごとに決められているので、一基あたりの値段を聞いて遺族に差し上げるようにします。


四十九日(49日・満中蔭)の法要の服装

四十九日(49日・満中蔭)の法要では遺族は喪服を着用しますが、招待客は喪服を着る必要はありません。男性の場合はダークスーツに地味なネクタイを着用し、靴下も黒を履きます。女性も地味なスーツかワンピース、もし和装ならば地味な色無地にするようにします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2368