香典のマナー

香典は故人への弔慰を表すためのものです。一方で、遺族に対しては葬式(葬儀)費用の一部にあてて下さい、という意味合いを持っています。

この香典という言葉は本来仏教用語で、他宗教には使わないことばです。ただこの香典という言葉自体は一般的なため、通称として他の宗教でも香典というようです。昔は葬儀のための野菜や米・麦などが送られていました。


香典の渡し方のマナー

香典は葬儀の日かお通夜の日に持参し、受付に渡すのがマナーです。受付が無かったら遺族に直接渡します。もし葬式(葬儀)に参列できない場合は現金書留で送ると良いでしょう。なお現金書留で送る際は、必ず丁重なお悔やみ状を添えるようにします。

死去後直後の弔問では香典は持参しない

死去後直後に弔問する際に香典を持参する人がいますが、この場合遺族もあわただしくしているためやめたほうがよいでしょう。そればかりかあらかじめ用意していた、という印象を与えかねません。香典はお通夜か告別式の際に持参するのがマナーです。 


香典袋のマナー

香典に包むお札は新札は使わない、というのが基本的なマナーです。ただし、現在ではあまり気にしなくなっているようです。それでもマナーを重視する地方などでは気にするところもあると思います。そんなときは新札を一回折り目を付けてから香典袋に包むと良いでしょう。

香典袋はふくさに包む

香典を持参する際香典袋はふくさや風呂敷、ハンカチなどに包んで持参します。受付に着いたら、ふくさから香典袋を取り出し、ふくさはたたんで、その上に香典袋を載せて出します。


香典の表書きのマナー

香典の表書きは、宗教や宗派によって変わってきます。一番汎用的な表書きとしては「御香典」とすると良いでしょう。キリスト教以外の各宗教や無宗教でも使用できます。

仏式、神式の場合は香典袋に黒白か双銀で結びきりの水引をつけますが、のしは慶事用ですのでつけません。また、キリスト教の場合は基本的に水引はつけません。


香典金額の相場とマナー

香典の金額については、故人との人間関係や社会的な立場などによって変わってきます。

若い人よりも年配者のほうが金額の目安としては高い額になりますし、同じ会社関係でも上司のほうが部下より高額になります。故人との関係に関しては親族が最も香典額は高くなります。

香典の相場としては5,000円から10,000円くらいが最も包まれる金額のようです。ただし、兄弟姉妹の場合は30,000円、両親に対する場合は100,000円くらい包むことが平均的のようです。

香典の相場(目安)

  • 勤務先の上司・・・3千~1万円
  • 勤務先の同僚・部下・・・3~5千円
  • 勤務先社員の家族・・・3~5千円
  • 取引先・・・5千~1万円
  • 友人・知人・・・5千~1万円
  • 祖父母・・・1万円
  • 両親・・・10万円
  • 兄弟姉妹・・・3~5万円
  • 親戚・・・1万円
  • 隣・近所・・・3~5千円

香典返しのお礼状は出さない

忌明けの法事(法要)にまねかれ引き出物をもらったり、香典返しが届いてもお礼状は必要ありません。香典返しの礼状は「後を引く」といって嫌われるからです。

その場合は、日を改めてから喪中見舞いを出すなどするようにします。文の内容としては「日増しに寂しくお過ごしのことと察しますが、皆様お体をおいといてください」などとすると良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2363