香典の表書きとマナー

香典マナーと表書きの体裁は、宗教・宗派によって違ってきます。弔事の場合、キリスト教以外では黒白、双銀(銀と銀)、双白(白と白)の水引を「結びきり」にしてかけた不祝儀袋を使用するのが香典のマナーです。この「結びきり」は「一度結ぶと解けない」ことから、結婚や弔事など繰り返しを避けたいことに使われる結び方です。


香典の表書きとマナー

香典の表書きのマナーとしては、薄墨で書くということがまず取り上げられます。正式には墨を磨って薄めて筆で書くのですが、弔事用の筆ペンも売られていますので、そちらを利用しても良いでしょう。文字は、相手が読みやすいように楷書で書くのが香典表書きのマナーです。

また、宗教により香典表書きの体裁も違ってきます。黒白の水引蓮の花が書いてある香典袋の場合は仏教専用です。十字架やゆりの花が不祝儀袋に描いてあったらキリスト教専用です。また、キリスト教の場合は白無地袋も使用します。

香典表書きの書き方のマナー

香典の表書きは仏式、神式、キリスト教式とで以下のように違いがあります。もし宗教の無い無宗教葬の場合は「御霊前」「お花料」とすれば問題ありません。

仏式の香典表書きマナー

  • 御香料(おこうりょう)・・・「線香の代わりとして」の意味。宗派を問わず使えます。
  • 御霊前(ごれいぜん)・・・四十九日まで使える表書き。浄土真宗には使えません。
  • 御仏前(ごぶつぜん)・・・浄土真宗用の表書き。他の宗派は四十九日以降使えます。

神式の香典表書きマナー

  • 玉串料(たまぐしりょう)・・・神式の玉串奉奠(たまぐしほうてん)をする際の玉串代に、という意味の表書き。
  • 御榊料(おさかきりょう)・・・「玉串料」と同じように使える表書き。
  • 御神饌料(ごしんせんりょう)・・・神饌とは神に供える飲食物のことをさします。
  • 御霊前(ごれいぜん)・・・一般的な表書き。

キリスト教の香典表書きマナー

  • お花料(はなりょう)・・・宗派を問わずに使える表書き。
  • 御ミサ料、御霊前・・・カトリック教会での葬儀につかえる表書き。

香典の氏名の書き方マナー

香典の氏名を書くときは表側の水引の下に書きます。書く位置としては中央よりやや左よりに書くようにし、画数の多い字などはやや大きめに書き、画数の少ない字はやや小さめに書くと文字のバランスが取れます。以下は色々な場合の氏名の書き方です。

  • 同姓同名の人がいたりするといけないので、会社関係の場合は会社名を氏名の右に小さ目の文字で入れておくと間違いにくくなります。
  • 名刺を貼る場合は外包みの左下に貼るようにします。この場合は略式になりますが、名刺に会社名から役職まで入っており便利です。
  • 3名以内の連名の場合は、右から左へ目上の人から書くようにします。
  • 4名以上の連名になる場合は代表者の氏名の左側に「外一同」 と書き、別紙の連名書を同封します。

香典の中包みの書き方マナー

香典袋の中に入れる中包みには現金を入れます。表書きは中央に「金○○円」と書きます。裏書きは贈り主の住所と氏名を書きます。住所と氏名は中央の継ぎ目を境に左に住所、右に氏名を書くようにします。

市販の不祝儀袋に中包みがついていなかった場合は、外包みの奉書紙(ほうしょがみ)に直接包みましょう。その際は外包みの裏面左側に金額を書くようにします。

中包みに用いる漢数字

中包みに金額を書くときは、数字を間違えないように以下のような「大字(だいじ)」を使うことがあります。

  • 一 → 壱
  • 二 → 弐
  • 三 → 参
  • 五 → 伍
  • 十 → 拾
  • 万 → 萬
  • 円 → 圓

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2365