法事のマナー

法事は通夜や葬儀と違い、招待されて列席します。招待する側は来て頂きたいと願って招待しているので、招待されたらできるだけ出席するのがマナーといえます。


法事で包む金額のマナー

法事で包む現金には参列者側のものと主催側のものがあります。

参列者が法事で包むお金

参列者は法事では供物(くもつ)か現金を持参します(現在は現金が一般的)。包みは一周忌までは黒白の水引、三回忌以降は青白の水引の不祝儀袋か白封筒を使います。

表書きは仏式の場合は「御仏前」「御供物料」、神式の場合は「御玉串料」「御供物料」、キリスト教なら「御花料」とします。名前は下段の中央か、やや左よりに書きます。

法事に包む金額としては一万円というのが現在では最も多いようです。ただし、これは故人との関係によって違ってきます。故人より目上か上司であれば一万円より多く、故人より目下か部下であれば一万円より少なく考えても良いでしょう。基本的には「法事金額は香典の半分」、というのがひとつの目安と言われています。

仏式の場合は、浄土真宗系を除いては「卒塔婆(そとうば、供養のために墓地に供えるもの)」も必要になります。その場合は不祝儀袋に入れて渡します。表書きは「塔婆料」と書き、名前は下段に書いて渡します。

主催者が法事で包むお金

法事では主催側は開会前に僧侶に「御布施」を渡します。白い無地の封筒に入れ、表書きは「御布施」とします。もし、式場が檀那寺以外の場所で行われる場合は、僧侶の移動代として「御車代」を渡します。また、僧侶がお斎(僧侶と参列者を囲んだ会食)を遠慮した場合は「御膳料」を包みます。

参列者に対しては現金ではなく、返礼品を渡します。


法事の服装のマナー

法事に出席する際には喪服は必要ありません。遺族も一回忌以降、もしくは三回忌以降には喪服を着用しません。

男性はダークスーツに地味なネクタイであれば、法事のマナーとしてはOKです。なお、靴下は暗い色のものにします。

女性の場合は、洋装なら地味なスーツかワンピース和装なら地味な色無地が法事のマナーにかなっています。


法事の進め方のマナー

法事の日程は、当日に近い参列者の都合のつきやすい週末などにすると良いでしょう。場所は自宅か檀那寺、斎場、ホテルなどを利用します。

日程が決まったら法事に招く人への案内状を出します。出欠の返事が必要となりますので、一ヶ月前ぐらいには招待する人たちに案内状が届くように送付します。また、案内状ははがきで作成しても封書にして出すのが法事のマナーです。


法事のお斎(会食)のマナー

法事の後の会食は葬儀ほど湿っぽくはありませんが、だからといって陽気に騒いでもかまわないというわけではありません。つつしみを忘れず、お酒も飲みすぎないようにします。

また、通夜のときと違って、勝手に1人で帰るというのは法事としてはマナー違反です。主催者の挨拶が終わってから一同揃って散会しますので気をつけましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2370