神棚の祭り方(祀り方)

神棚の祭り方(祀り方)については、室内の清浄な場所に南向きに祭る(祀る)のが良いとされています。昔から茶の間や土間周りに飾られ、座敷にはあまり飾られません。これは座敷が作られるようになったのが、歴史的に比較的新しいためと、来客に対する配慮の意味からと言われています。


神棚の神と神具

土間周りの神は、炉の火の神、井戸の水神、荒神、厩の家畜の神などの実生活に関係のある神々が祭られます。また、茶の間には恵比寿、大黒天、稲荷様、その他の由正しい神々が祭られます。

また神棚の神体としては、鏡、曲玉(まがたま)、剣などが飾られますが、一般的には神社に参詣したときにいただいたお札などを納めて祭り(祀り)ます。


祖霊舎に霊璽を祭る(祀る)

神棚は神を祭る(祀る)神聖な場所であるため、葬儀の間は白紙を張って隠しておます。これは家族が亡くなった場合、死者の霊魂を祭る(祀る)ことに専念するためです。

葬儀の後埋骨を済ませてからは、霊璽(=神や死者の霊の代わりとして祭るもの)は神棚より一段低い位置に置かれた祖霊舎に板の部分だけを祭ります。その後死者の霊魂が落ち着きを得る忌明けや五十日祭が終了すると白紙を除き神棚の祭りを再開します。


神棚の祭り方(祀り方)

神棚は、以下のように飾って礼拝します。

  • 真中の水器(みずたま)に水
  • 向かって右の土器に塩
  • 左の土器に洗米
  • お神酒徳利、榊立て

基本的には上記のような神具を使って神棚を祭りますが、このような神器を使わずに、普通の皿や茶碗で水やご飯を祭ることもあります。洗米や水は毎日取り替えるのが最も良いのですが、月の一日と十五日だけにすることもあります。

祭日には供え物をするのはもちろん、年の暮れには大掃除をして、新しい締め縄を張り、燈明をあげ、鏡餅を供えたりします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2372