喪中の結婚式

喪中の結婚式出席については控えるの基本ですが、忌明け後であれば喪中でも結婚式に出席しても構わないとされています。では忌明けとは何時になるのでしょうか。また喪中とは何時から何時までになるのでしょう。


喪中の結婚式に出席できるか

上記にも述べた通り、忌明け後であり、自分の心に整理がつき、お祝いできる気持ちになっているのであれば喪中でも結婚式に出席して構わないとされています。現在この忌明けは四十九日となっていますので、四十九日以降であれば結婚式に出席可能となります。

ここで問題があるとすれば、相手が縁起を担ぐ人の場合です。その場合は百ヶ日を過ぎるまでは避けるほうが良いでしょう。


喪中とは

喪中の結婚式はある一定の条件が揃えば可能であることは先に述べました。ではその「喪」とは一体なんでしょう。

喪中の意味と由来

近親者が死去した場合一定期間喪に服することを「忌服」と言います。とは身内に死者が出ているため日常の行為を慎み、家にこもって身を清めること、です。一方は、不幸があったときに喪に服して喪服を身に付けていることを意味します。

昔から人は死者のあった家の火で煮炊きしたものを食べるのは縁起が悪いという考えをもっていました。そのため、この死火でもともと煮炊きしていた近親の者に一定の期間「喪に服す」という行動をとらせ、日常生活の集団より遠ざけることにし、汚れや死霊の災いを及ぼさないようにしようとしたのが始まりとされています。


喪中の期間

喪中の期間については、仏教の忌日の考え方が普及しており、死後四十九日までを忌中、死後一年間を喪中としています。ただ、最近は昔ほど服喪についてはやかましく言わなくなっているようです。

現在では、配偶者であれば十日間、血族の場合は一日から一週間、姻族であれば一日から三日程度の忌引きの期間を喪に服し、それ以降は社会的な仕事は滞りなく行い、私的なことや心の問題として、喜びごとやお祝いごとの席や華やかな行事に参加するのは控え故人の冥福を祈るというのが一般的になっています。


喪中の慶事と注意事項

  • 忌明けまでの期間は喪中として、結婚式などのおめでたい席に出席したり、神社へのお参りは控える
  • 翌年の年賀状、新年の飾り、年末・年始のあいさつ回りは取りやめる
  • 忌明けまで酒やさかな類を控える(地方による)
  • 忌明けまで茶を控える(地方による)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2373