葬式(葬儀)での服装マナー

葬式(葬儀)での服装マナーとしては、弔問客としての服装マナー、遺族・親族としての服装マナーがあります。遺族は通夜から葬式(葬儀)まで同じですが、弔問に関しては通夜、葬式(葬儀)で違いがあります。


弔問客の葬式(葬儀)での服装マナー

弔問の際の服装としては以下のようなことに気をつけます。

  • 遺族や親族よりも格の高い服を着用しない。準礼装か略礼装にする。
  • ミニスカートなど肌を露出する服装は避ける。
  • ブーツや編み上げの靴、光沢のある靴は避ける。
  • 化粧は控えめにする。

葬式(葬儀)の服装マナー

弔問客は、葬式(葬儀)では喪服でなくても大丈夫ですが、故人への弔意を表し喪服を着用することが多いようです。気をつけることは、弔問する側が喪服を着用する場合でも遺族や親族より格の高い正装服にしないということです。

男性の服装
  • 準礼装のブラックスーツかダークスーツを着用。
  • シャツやネクタイは地味なものにする。
  • 和装の場合は略礼装の三つ紋か一つ紋の色無地の羽織と着物にする。
女性の服装
  • 準礼装の黒のフォーマルドレスか略礼装の地味なスーツ、ワンピースを着用。
  • ストッキングは黒か肌色にする。
  • 靴やバックも地味なものにする。
  • アクセサリーはつけないのが基本。真珠のネックレスのみ可。
  • 和装の場合は地味な色無地に黒い帯を合わせる。

遺族・親族の葬式(葬儀)での服装マナー

以前は通夜には、遺族も喪服を着用しませんでした。しかし最近は通夜が告別式の代用となり、弔問客も礼服で来るようになったのにあわせ、遺族も喪服で迎えるようになってきています。ただし、通夜を身内だけで行う場合は、服装の決まりはありませんので、喪服を着る必要もありません。

葬儀では、男性はブラックスーツが一般的です。女性の場合は結婚指輪だけを残してアクセサリーははずします。遺族の場合は真珠のネックレスもNGです。男性はひげをそり、女性は薄化粧をします。

男性の服装
  • 和装の場合、正喪服は黒羽二重の染め抜きの五つ紋付き羽織と着物に仙台平の袴。
  • 洋装の場合、正喪服はモーニングコート。
  • 一般的に準喪服のブラックスーツ。
  • ワイシャツは白無地。
  • ネクタイと靴下は黒。
  • 身内での場合はグレーや濃紺のスーツ。
女性の服装
  • 和装の場合は黒無地染め抜き五つ紋付きに黒帯。羽織はつけません。夏は絽、冬は羽二重・ちりめんの生地にするのが一般的。
  • 小物やバックは黒。
  • 下着と足袋(たび)は白。
  • 洋装では黒のワンピースやスーツ、アンサンブルが正喪服。肌は露出せず、夏でも長袖にし、丈は膝(ひざ)を隠すようにします。透ける素材はNG。
  • バックやストッキングは黒。光る素材はNG。
  • アクセサリーは結婚指輪のみ。

ブラックフォーマル、バッグ、真珠、ふくさ(袱紗)、念珠(数珠)等が豊富に取り揃えられたフォーマル専門店。デザイナー「ユキコ・アイザワ」による女性のシルエットをより美しく魅せる演出と、上質な素材を選び抜いて作り上げた極上ブラックフォーマル(喪服,礼服)が人気です。

メアリーココ のココがすごい!

  1. 通販なのに返品送料無料のご試着チケット(650円)で試着が出来る!
  2. 夕方4時までに申し込めば翌日お届け!
  3. メンバー割引10~30%OFF!
  4. 迷ったときに助かるフォーマル完璧4点セットがお得!
  5. フォーマル小物セットも格安の特別価格で販売!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2374