キリスト教の葬儀

キリスト教の場合、カトリックとプロテスタントで葬儀の進め方が違います。また、キリスト教では通夜を営む習慣は無かったのですが、日本の葬儀習慣と融合して通夜を営むようになっています。


キリスト教における通夜

キリスト教ではカトリックとプロテスタントで通夜の名前も進め方も違います。カトリックの場合は「通夜の祈り」といい、プロテスタントでは「前夜式」と言います。

通夜の場所としては自宅や教会、斎場が使われます。また仏教のような「通夜ぶるまい」はありません。

カトリックの通夜の進め方

  1. 始めの言葉
  2. 聖歌(または黙祷)
  3. 招きの言葉
  4. 聖書朗読
  5. 説教
  6. 全員による祈り
  7. 献香と焼香(または献花)
  8. 結びの祈り

プロテスタントの通夜の進め方

  1. 讃美歌
  2. 聖書朗読
  3. 祈り
  4. 讃美歌
  5. 説教
  6. 祈り
  7. 讃美歌
  8. 祝祷(しゅくとう)
  9. 献花

キリスト教における葬儀・告別式

キリスト教における葬儀の仕方はカトリックとプロテスタントによって以下のように違いがあります。

カトリックの葬儀と告別式

カトリックでは葬儀は葬儀ミサと呼ばれます。葬儀ミサの進め方は以下のとおりです。

  1. 開祭
  2. ことばの典礼(説教や聖書の朗読)
  3. 感謝の典礼(ミサ)
  4. 告別と葬送(弔辞・弔電の紹介、遺族・親族の献花、会葬者の献花)

カトリックにおいては、葬儀は死者が神のみ手にゆだねられ、復活の恵みに感謝し、キリストの来臨と死者の復活を祈る儀式とされています。と同時に、神が遺族を励ましてくださるように祈り、信仰を新たにする場でもあるとされています。

また、カトリックは日本の葬儀の習慣を積極的に取り入れています。故人との告別に当たっては焼香もできるようになっています。

プロテスタントの葬儀と告別式

プロテスタントの葬儀は教会で行われますが、自宅や斎場に行うこともあります。葬儀は礼拝として行われます。プロテスタントの葬儀の進め方は以下のとおりです。

  1. オルガン演奏
  2. 聖書朗読
  3. 讃美歌
  4. 聖書朗読
  5. 祈り
  6. 讃美歌
  7. 説教
  8. 祈り
  9. 讃美歌
  10. 祝祷(しゅくとう)
  11. オルガン演奏
  12. 告別式(弔辞、献花)

プロテスタントの葬儀は遺体を前にして行う神への礼拝であり、故人の冥福や魂の安らぎを求める儀式ではありません。葬儀を通じて、神に死者のすべてをゆだねる、と考えられています。牧師は故人の一生を振り返る説教を行い、遺族・会葬者に死を超えた希望を示します。

プロテスタントは、カトリックと違って日本の葬儀の習慣を退ける傾向があります。また、弔辞も棺に対してではなく、会葬者のほうを向いて読みます。弔辞は故人にささげるのではなく、遺族への慰めであると考えられているからです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2375