神式の葬儀

神式での葬儀は 、遺族と柩が自宅を出て式場に向かう際に行われる「発柩祭(はっきゅうさい)」と葬儀・告別式にあたり、故人への最後の別れを告げる「葬場祭(そうじょうさい)」からなります。また、故人の霊は霊は生きているのだから、家族は生前と同じように霊に奉仕すべきという考えによる「通夜祭」「遷霊祭(せんれいさい)」が通夜に行われます。


神式の通夜の進め方

神道では、死を「帰幽(きゆう)」といい、 故人の御霊(みたま)は死ぬことによって神の元に還っていくと考えられています。神道では死後の世界はこの世の近くにあり、故人の霊は生前と同じように生活し、遺族を見守っていくとされています。

通夜祭の進め方

通夜祭は、遺族や親族が遺体のそばで生前と同じように奉仕する儀式で、進め方は以下のとおりです。

  1. 一同着席、拝礼
  2. 祭員(さいいん、=神職)が銭(食べ物)を祭壇に供える
  3. 斎主(さいしゅ、=式を司る神職)が祭司を奉上
  4. 伶人(れいじん、=楽師)が誄歌(しのびうた)を奉奏
  5. 斎主、喪主、遺族、弔問客の順に玉串奉奠(たまぐしほうてん)

遷霊祭(せんれいさい)進め方

通夜祭に続いて行われる遷霊祭は、故人の御霊を「霊璽(れいじ、=仏教の位牌に当たるもの)」に移す儀式で、「みたまうつし」とも呼ばれます。遷霊祭の進め方は以下のとおりです。

  1. 室内の明かりをすべて消す
  2. 斎主が霊璽に御霊を移す
  3. 仮霊舎(かりみたまや)に霊璽を納める
  4. 室内の明かりをつける
  5. 通夜ぶるまい(直会)に移る

神式の葬儀の進め方

神式の葬儀では以下のような手順で葬儀が行われます。

  1. 発柩祭(はっきゅうさい)・・・遺族と柩が自宅を出て式場に向かう際の儀式
  2. 祓除(はらい)の儀・・・家の中の払い清め
  3. 帰家祭(きかさい)・・・霊前に葬儀が滞りなく終了したことを告げる儀式
  4. 葬場祭(そうじょうさい)・・・神式の葬儀・告別式に当たる儀式

葬場祭の進め方

葬場祭は故人に別れを告げる儀式であり、以下のような進め方となります。

1.手水(てみず)の儀

「手水(てみず)の儀」は手と口を清める儀式であり、仕方は以下のようになります。

  1. 右手でひしゃくを持ち、左手に水をかける
  2. 左手にひしゃくを持ち替え、右手に水をかける
  3. 右手にひしゃくを再度持ち替え、左手で水を受けて口をすすぐ
2.一同着席

会葬者、斎主(さいしゅ)、祭員(さいいん)をつとめる神職、遺族の順に着席します。

3.斎主が祭詞(さいし)を奉上

祭詞では、斎主が故人の人となりを述べ、安らかな死と遺族を見守ってくれるよう祈ります。 遺族、会葬者は、その間「磬折(けいせつ、=腰を前方に曲げるようにすること)」をして聞き入るようにします。

4.誄歌(しのびうた)、弔辞、弔電奉上

誄歌(しのびうた)とは故人を追慕する歌です。

5.玉串奉奠(たまぐしほうてん)

斎主、遺族、参列者、一般会葬者の順に玉串奉奠を行います。

6.一同退場

玉串奉奠のあと、祭員が銭と幣帛(榊(さかき)の枝に掛けて、神前にささげる麻や楮(こうぞ)で織った布)を撤去し、一同退出で閉式となります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2376