玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは

神式では弔問に訪れた際、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。玉串奉奠は仏式のお焼香に当たるもので、榊の枝に「四手(しで)」という紙片をつけた玉串を祭壇に供える儀式です。


玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行なう時のポイント

玉串奉奠では、玉串を供えた後拝礼を行います。この際の注意事項は以下のとおりです。

  • 拝礼は「二拝二拍手一拝(二回拝礼、二回拍手、最後に一回拝礼)」が基本
  • 拍手の祭には「しのび手(両手が触れ合う前に止める拍手)」という音を立てない拍手

玉串奉奠(たまぐしほうてん)の仕方

玉串奉奠の仕方は以下のとおりです。

  1. 祭員から玉串を受け取る
  2. 右手で根元を、左手で葉を下から支えて神前に進み、深く頭を下げる
  3. 玉串を時計回りに90度まわし、左手を前にずらし根元を持つ
  4. 右手で玉串の中ほどを下から支える
  5. 時計回りにまわし、葉が右、根元が左に来るようにする
  6. さらに時計回りに回し、根元が祭壇をむくようにし、玉串を祭壇に供える
  7. 二拝二拍手一拝をする
  8. 下がって遺族と斎主に一礼をする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2378