生花祭壇とは

祭壇は故人の信仰に添ったものにします。特に信仰が無かった場合は、家の宗旨に合わせたり、生花祭壇などの宗旨を特定しない祭壇にすることが現在では多くなっています。


祭壇の例

基本的に祭壇は葬祭業者の基本セットに組み込まれています。現在ではどの宗旨でも生花を用いた祭壇が人気があります。和花や洋花を使ったりのカラフルな祭壇が人気です。生花の種類や量などで値段が変わってきますので、詳しくは葬祭業者に問い合わせましょう。

仏式祭壇

仏式の祭壇は本尊、香炉、燭台(しょくだい)、花立ての「三具足」が基本セットとなります。その他は遺影、位牌(いはい)、供え物がおかれます。

神式祭壇

柩の前に遺影と霊璽(れいじ)、その手前に供物(くもつ)を載せる餞案(せんあん、テーブル)、さらに手前に玉串を載せる玉串案を置きます。両脇には榊(さかき)と灯りと配します。

キリスト教式祭壇

柩や遺影の周りを生花で飾る祭壇が主流です。柩は祭壇に横向きに並べことが多いですが、カトリックではたて向きに並べることもあります。

無宗教葬の祭壇

無宗教の場合、祭壇に対する決まりはありません。よって柩の周りに生化をあしらった生花花壇が人気があります。


祭壇の種類と飾り方

祭壇については普通葬儀社が一切をやってくれます。依頼するとき宗教・宗派や希望(たとえば生花祭壇など)を伝えておきます。

祭壇の種類

祭壇の種類には質素な三段飾りから、五段、七段と段階があリ、また生化を中心とした祭壇もあります。故人の社会的地位や経済状況を考え、故人にふさわしい祭壇を選びます。

祭壇の飾り方

基本的に飾りつけは葬儀社に任せておけば大丈夫です。家族としては前もって故人の写真、供物、生花などを祭壇用に準備しておく場合もあります。なお、祭壇中央には座布団を一枚置いておきます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】