弔辞の文例

葬式で弔辞をする際、故人と自分との関係を明らかにし、印象に残る思い出を紹介します。また形式にとらわれず、自分の言葉で故人への思いを素直に表現するようにします。以下は弔辞の基本文例になります。参考にしてください。


各宗教ごとの弔辞文例

弔辞の慣用句は宗教によって違ってきます。各宗教ごとの弔辞文例は以下のとおりです。

仏教用の弔辞文例

ご冥福をお祈りいたします」というのは仏教特有の言い回しになります。他宗教の場合は「安らかにお眠りください」といった言い回しになります。

キリスト教用の弔辞文例

キリスト教では、死は”神の御許(みもと)に召される祝福の日”と考えるため、「君は神の御許に召されました」といった言い回しになります。

神道用の弔辞文例

神道では、人が死ぬと霊魂は肉体を離れ守護霊となって家を守ると考えられています。よって神道では「祖霊(それい)の許(もと)へ帰られました」といった言い回しをします。


弔辞文例と基本構成 

弔辞文例とその基本構成は以下のようになります。

弔辞の基本構成

  1. 呼びかけ
  2. 故人を偲ぶエピソード
  3. 哀惜の言葉
  4. 結び
呼びかけの弔辞文例
  • ○○産のご霊前に謹んで哀悼の意を捧げます。
  • ○○会社を代表し、弔辞を述べさせていただきます。
  • ○○会社を代表し、故○○部長のご霊前に謹んでお別れの言葉を申し上げます。
  • ○○君、君の死はあまりにも早すぎました。
  • ○○君、と呼びかけても君はもう応えてくれないのですね。
  • 僕は今深い悲しみの中にいます。
哀惜の言葉の文例
  • かけがえの無い存在であった○○部長を失いましたことは、筆舌に耐えがたく悲しみに耐えられません。
  • 朗報を心待ちにしていたのですが、残念でなりません。
  • 何とか一命を取り留められるようにと祈っていたのですが・・・
  • 人生これからというときに急逝され、どんなに無念であったことでしょう。
  • ○○さんの明るい笑顔が今でも瞼にはっきりと浮かんできます。
  • ○○部長は分け隔てなく対応してくださり、いつも私の励みとなっておりました。
  • 人生半ばでの急逝、一番悔しく思っているのは本当は君ですよね。
結びの文例
  • 部長のご冥福をお祈りし、弔辞に代えさせていただきます。
  • ご遺志を成し遂げることを、ご霊前に誓い申し上げます。
  • 君の遺影に最後のお別れを述べ、心から冥福を祈って弔辞とさせていただきます。
  • ○○君、私たちが君の遺志を引き受けます。
  • 君はどれほど多くのことを教えてもらったことでしょう。これを生涯忘れることはないでしょう。
  • 今までの厚い友情をありがとう。僕は君の友達で本当によかった思います。

ケースによる弔辞内容の違い

それぞれのケースによって話す内容も違ってきます。以下はケースごとの内容のポイントです。

病死の場合

公表された場合以外は、死の原因を尋ねないようにします。もし急死だった場合は驚きの気持ちを述べ、長期に療養していた場合は予期していた事態を迎えての悲しみを淡淡と述べるようにします。

事故死の場合

事故死の場合も死の原因には触れず、突然の悲報に対する悲しみの気持ちを述べます。加えて、故人の死がいかに会社(仲間)にとって大きなものであったかを必ず述べます。  

会社関係の場合

  • 故人が上司の場合は、一定の節度と距離感をもって哀悼の意を述べるようにします。
  • 上司の功績やエピソードについて述べます。自分がその上司に受けた影響の大きさ、感銘などを述べ感謝の意を述べます。
  • 部下の場合は、早すぎる死を悼み、故人の前途有望だった才能や優れた資質を惜しむ言葉を述べます。

個人的な関係の場合

  • 個人的な友人の場合、直接語りかけるような話し方をするのも良い方法です。
  • 故人や自分とのエピソードや思い出を語り、故人の人柄を偲びます。故人の将来の夢や座右の銘などを盛り込むのも良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2383