通夜の服装マナー

通夜の場合、遺族は普通喪服で弔問客を迎えますが、弔問客は平服でも構いません。ただし、この場合でもあくまでも地味な服の場合です。派手なカラーシャツやワンピースなどはどこかで着替えるなりして弔問するようにします。


弔問客の通夜の服装マナー

急を聞いて駆けつけたという気持ちを表す意味でも、正装はかえってよくないものです。いかにもその事態を予測していたかのように遺族に思われてしまいます。男性の場合はダークスーツ、女性の場合は地味なワンピース、スーツなどの略式程度にします。

人によっては弔問の際に喪服の代用として喪章をつけて弔問する人がいます。喪章は遺族のためのものです。気をつけましょう。

勤務先から弔問に行く場合

男性は地味なスーツに白のワイシャツで出勤し、黒無地の不祝儀用のネクタイを持参します。ネクタイは弔問に出かける前にかえます。弔問先で部屋に上がる場合は、靴下は特に汚れ等も目立つので、黒か紺の新しいものを用意しましょう。開襟シャツ・セーター・色ワイシャツは出勤時の時点で避けるようにしましょう。

女性の場合は、黒か地味な色の無地のスーツかアンサンブルで出勤するようにします。夏などは暑いので、三分袖か袖なしで仕事をし、通夜の弔問先につく前に共の上着を羽織ると良いでしょう。一般的な白絹のブラウスと黒のスカートでしたら失礼にはなりません。アクセサリーをつけていた場合は、弔問の前にはずすか、真珠のネックレスのみにします。


遺族の通夜の服装マナー

死亡直後は平服でも構いませんが、急を聞いて駆けつけてくる弔問客も多くなりますので、身だしなみは整え、派手な服装はしないようにします。喪主やそれに準ずる人たちは通夜の儀式に入る前には正式か略式の喪服に着替えます。基本的に喪主やそれに準ずる人たちは遺体のそばに控えて弔問客を迎えるのが役目となります。細かな準備などは親戚の人や世話人に任せるようにします。

喪主以外の遺族・親戚は通夜の席では喪服に着替える必要はありません。男性の場合はダークスーツを着ます。女性の場合は和服であれば無地か縞の着物に黒羽織を着て喪を表し、洋服の場合は地味なスーツ、ワンピースにします。肩や背中の出るデザインの服は地味でも失礼になりますので、気をつけましょう。

また喪章をつける場合は、遺族だけでなく、親族と遺族側に立ってお手伝いする人もつけるようにします。喪章には腕章とリボンの2種類がありますが、喪服を着ている場合は喪章をつけていなくても問題ありません。


貸衣装にするとき

突然の不幸で、喪服が間に合わない場合やもともと喪服を持っていない場合は、貸衣装を借りるという方法もあります。貸衣装は美容室や貸衣装店でも取り扱っていますが、葬儀社に頼むのが最も早く確実です。各サイズ揃っているので、自分のサイズに合ったものを選ぶようにします。

和服の貸衣装を頼むときは、家紋をどのようなものかを伝えるようにします。また、貸衣装のセットがどのような内容になっているのかも確認します。セットになっていないものは自分でそろえる必要があるからです。


ブラックフォーマル、バッグ、真珠、ふくさ(袱紗)、念珠(数珠)等が豊富に取り揃えられたフォーマル専門店。デザイナー「ユキコ・アイザワ」による女性のシルエットをより美しく魅せる演出と、上質な素材を選び抜いて作り上げた極上ブラックフォーマル(喪服,礼服)が人気です。

メアリーココ のココがすごい!

  1. 通販なのに返品送料無料のご試着チケット(650円)で試着が出来る!
  2. 夕方4時までに申し込めば翌日お届け!
  3. メンバー割引10~30%OFF!
  4. 迷ったときに助かるフォーマル完璧4点セットがお得!
  5. フォーマル小物セットも格安の特別価格で販売!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2385