布施の相場と金額

葬儀にかかる費用として、お布施の費用があります。これら僧侶、神官、牧師への謝礼は、それぞれが違った名称であるばかりでなく、信仰心などによっても違いが出てきます。

お布施には相場はありません。自分のできる範囲でお布施をすればよいのです。もし、どの程度の金額をお布施に出せばよいのか迷ったときは、周囲の長老や専門業者に相談すると良いでしょう。

お布施を白黒の水引のついた不祝儀袋に入れる人がいますが、葬儀は寺院、神社、教会の不幸ではありません。よって、白い封筒にいれて出すようにします。

また、お布施は葬儀のあとあまり日をおかずに、直接寺院(神社、教会)に出向いてします。しかし、葬儀の後ごたごたしているうちに忘れることもあります。その心配のある場合は葬儀のすぐ後に渡すと良いでしょう。

宗教者の謝礼は葬儀費用として、相続税からの控除の対象となります。領収書は忘れずにもらっておくようにします。


仏式のお布施相場

導師(葬儀を司る僧侶)やその他の僧侶にお布施を用意します。楽人を呼ぶ際はその人の分も用意します。さらに「御車代」や「菓子料」を包むこともあります。この「御車代」や「菓子料」は別に包んだり、葬儀の日に直接渡すこともあります。

なお、寺院を借りて葬儀をした場合、規定があればその席料は別途支払います。特に規定が無い場合は、その分も考慮して支払うようにします。

お布施は半紙か奉書紙に包み、「御布施」「冥加」と表書きします。

お布施の金額相場としては僧侶全員分で40万円ほどになります。また、「御車代」は五千円から一万円程度が相場といえます。


神式のお布施相場

斎主(葬儀を司る神官)とその他の神官、楽人などへの謝礼を用意します。その他に「御車代」を区切りのよい額にして包むのが普通です。ただし、「御車代」は謝礼とは別に包んだり、通夜や葬儀の時に先に渡すこともあります。

お布施は半紙か奉書紙に包み、弔事用の袋に包んで「御礼」「幣帛料(へいはくりょう)」「御祭祀料(おさいしりょう)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」と表書きします。

謝礼の金額相場としては神官全員分で40万円ほどになります。また、「御車代」は五千円から一万円程度が相場といえます。


キリスト教のお布施相場

キリスト教の場合は、お礼は教会への献金という形をとります。よって金額に決まりはありません。式場として教会堂を使用して、教会の道具などを使った場合、規定があればそれ添って支払います。もし規定がなければその分の謝礼も考慮に入れて支払います。基本的にお世話になった牧師や神父、オルガン奏者に別途謝礼を包むことが多いようです。

教会への献金は、半紙に包んで白封筒に入れて渡します。「昇天記念献金」「感謝献金」「献金」などと表書きし、氏名を書いて神父や牧師に渡します。もし牧師や神父個人に渡す場合は「御礼」と書いて渡します。

献金の金額相場としては20から~40万円ほどになります。また、「御車代」は五千円から一万円程度が相場といえます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2386