お悔やみの手紙

お悔やみの手紙は、会葬できない失礼を詫び、弔意を伝えるものです。お悔やみには十分な注意をはらい忌み言葉などは使わないよう気をつけます。その上で、丁寧な言葉で心を込めた文章にします。

葬儀に会葬できない場合、お悔やみの手紙かお悔やみの言葉を託した弔電を出して弔意を伝えます。弔電はすぐ届くという利点がありますが、文字数の関係もあり気持ちを伝えるという点ではお悔やみの手紙にはかないません。


お悔やみの言葉と手紙のポイント

お悔やみの手紙を書くときは以下のような点に注意して書きます。

白無地の紙で封書に書く

お悔やみの手紙は、巻紙に墨の色を薄くし、筆で書くのが正式です。略式の場合は、模様のある便箋は避け、白無地の便箋にペン書きでも構いません。お悔やみの手紙ははがきではなく封書にするのがマナーです。封筒は縦長の白無地を使います。洋封筒の場合も縦書きで書き、閉じ口は左向きになります。またワープロは使わずに、自筆で書きます。

前文抜きで書く

お悔やみの手紙の場合、頭語や季節の挨拶などの前文は必要ありません。あまり形式にとらわれず、普通の話し言葉で心を込めて書くことが大切です。結語に関しては書くほうが丁寧という意見もあります。

忌み言葉を使わない

重複の表す忌み言葉は使わないようにします。これは不幸が重なることを忌む心遣いからきています。ただし、あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、以下のような言葉はできるだけ避けるようにしましょう。

例)重々、重ね重ね、たびたび、返す返すも、再三、追って、またまた、など

追って書きはしない

追って書き(追伸)のあるのも嫌われます。他の用件がある場合でも、ついでに書き添えるようなことはしないようにします。お悔やみの手紙の場合は弔文のみにし、他の用件は別途手紙を書くようにします。

二重封筒は使わない

二重封筒も不幸が「重なる」ということを連想させるため、使用は避けます。

相手の宗教に配慮する

お悔やみの言葉を書くとき、相手の宗教にも配慮するようにします。神道やキリスト教の信者に、普段意識せずに使っている仏教用語(供養、往生、冥福など)を使用した手紙の文面にしないように気をつけます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2387