会葬礼状の書き方

一般の会葬者には、一々あいさつ回りをせずに会葬礼状を出すようにします。葬儀の後に出口で渡すのは略式で、後日発送するのが正式な方法です。ただ現在では、通夜や告別式で渡すのが一般的になってきています。

普通は会葬のお礼状だけですが、会葬礼状(会葬御礼)、供物の礼状、弔電の礼状など、相手によってあいさつ文の違うものを作成する場合もあります。

印刷は葬儀社でも手配してくれますので相談すると良いでしょう。葬儀屋以外でも街の印刷屋さんやデパートでも受け付けています。会葬礼状の書き方には見本がありますので、適当な文例を選んで依頼します。ただし、故人がとくにお世話になった人には後日改めて自筆の会葬礼状を書くほうが良いでしょう。


会葬礼状の構成と文例

一般会葬者への会葬礼状の基本構成

  1. 故人名
  2. 会葬へのお礼
  3. 末文の挨拶
会葬へのお礼
  • 過分の御香典までもいただき深く感謝しております。
  • 多数の方にお別れをしていただき、故人もざぞ喜んでいることと思います。
  • ご多用中にも関わらずご参列いただき誠にありがとうございました。
  • 故人の生前に賜りましたご厚情に対し、厚く御礼申し上ます。
末文の挨拶
  • 本来ならば拝眉の上ご挨拶もうし上げるべきところ、誠に略儀ながら書中にてお礼申し上げます。
  • 今後ともご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
  • 葬儀の際には混雑に紛れ、十分なご挨拶もできず大変失礼いたしました。

社葬参列者への会葬礼状の基本構成

会社関係の方には四十九日の法事(法要)が過ぎてからできるだけ早く会葬礼状を出すようにしましょう。

  1. 会葬、弔辞、厚志に対する御礼
  2. 略儀の失礼に対するお詫び
会葬、弔辞、厚志に対する御礼
  • ○○の社葬に際し、ご多忙中にも関わらずご会葬くださいましたこと心より御礼申し上げます。
  • ○○の社葬に際しましては、ご多忙中のところ遠路はるばるご会葬くださいまして誠に有難うございました。
  • 当日は行き届かぬ点も多々あり、失礼申し上げたこととは存じますが、何分取り込み中のこととご容赦くださいますようお願い申し上げます。
  • 当日はご会葬くださいました上、丁重なるご弔辞、ご厚志まで賜り、誠にあり難く哀心より厚く御礼申し上げます。
略儀の失礼に対するお詫び
  • 本来ならば拝眉の上ご挨拶もうし上げるべきところ、略儀ながら書面にてお礼申し上げます。
  • 今後ともご厚誼賜りますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2389