妊娠したい時の基礎体温

基礎体温とは、朝目覚めて体を動かす間に測った体温になります。この基礎体温をつけていくことで、月経の周期を調べられ、妊娠したい時の基礎体温を知ることがきます。


基礎体温とは

体温は体を動かしたり、ものを食べたりするとすぐに上がるため、妊娠したい時は目覚めてすぐに基礎体温を測ることが大切です。基礎体温を測るのに適している婦人体温計は目盛りが大きく、微妙な体温の違いを測ることができるのが特徴です。

基礎体温の高温期と低温期

基礎体温は月経にあわせて周期的に変化していきます。黄体ホルモンの分泌が活発なときには基礎体温は高くなります。逆に分泌が少ないときは基礎体温は低くなります。排卵の時にはさらに下がります。よって、以下のようなことが言えます。

  • 低温期・・・月経が終わってから排卵日までの増殖期
  • 高温期・・・排卵から次の月経までの分泌期

基礎体温の測り方

基礎体温の上がり下がり幅は非常に小さく大体0.5度くらいです。ですので、婦人体温計のように目盛り幅の大きな体温計を基礎体温の測定には使います。また正確に測るためにもできるだけデジタル系の婦人体温計のほうが良いでしょう。

基礎体温の測り方は、口の中に入れて測るようにします。これは小さな差しかないふり幅の中で、できるだけその差を正確に測るためです(脇の下では正確な体温を測れません)。場所は舌の下に入れて測るようにします。


妊娠したい時の基礎体温表の変化

排卵後は黄体ホルモンができて黄体ホルモンを出し始めるため、基礎体温は高温期に入ります。もしそのときに妊娠していなければ、二週間でその黄体は衰え黄体ホルモンを出さなくなります。これが基礎体温の低温期の始まりです。

基礎体温表をつけていると、この低温期が始まらず、高温期のままになることがあります。少なくとも二週間以上基礎体温が高温期になっている場合は、妊娠している可能性大です。

基礎体温表のメリット 

妊娠したい時この基礎体温表をきちんとつけていれば、 「妊娠したい時妊娠する可能性が高い日がわかる」「妊娠したくない時妊娠する可能性が低い日がわかる」というメリットがあります。ところが、以下のような理由で基礎体温表をつけない人が多くいます。

  • 基礎体温を毎日計ってグラフにするのが面倒くさい
  • 基礎体温表をグラフにしても良くわからない
  • 半年ほど続けないとパターンがわからない

実際、毎朝起きてすぐに体温を測るのは面倒です。また、基礎体温表はデコボコした線が続くだけで、ここから高温期、ここが排卵日、ここから低温期といったふうには解かりづらいものです。しかも半年も続けないと余計わからないとなると、基礎体温表をつけたがらない人がいるのも頷けます。

ただ、基礎体温は排卵日を推定する最も確実な方法です。妊娠したい時基礎体温表を確認して、その可能性の高いときにセックスすれば、妊娠の可能性は確実にあがります。妊娠したい時は是非基礎体温表をつけことを考えてみてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2311