早期妊娠の判断と妊娠検査薬

早期に妊娠の確認ができるのが、妊娠検査薬です。これは妊娠したかについて自宅で手軽に確認できる方法としてよく知られています。この妊娠検査薬は薬局で気軽に購入できます。


妊娠検査薬とその結果

女性は妊娠すると子宮内に絨毛(じゅうもう)が形成されます。この絨毛からは性腺刺激ホルモンが分泌されています。このホルモンは尿中に排出されるため、その尿を調べることにより早期に妊娠の有無を知ることができます。

検査方法は、試験紙に尿をひたし、一定時間(3~5分)程度経過した後の試験紙の色の変化によって判断するというものです。妊娠検査薬で陽性と出たら基本的には妊娠、陰性と出たら基本的には妊娠していません。また妊娠検査薬は生理予定日の1週間前あたりから使用可というのが一般的のようです。

市販の妊娠検査薬もいまでは非常に性能が良いため、検査の結果の精度は高くなっています。しかし、確実にそうであるかはやはり医師の診察が必要になります。


妊娠検査薬の陽性・陰性の精度

妊娠検査薬は自宅で早期の妊娠を発見するのに非常に有効な方法ですが、それでも100%の精度ではありません。

たとえば、月経不順の人の場合は妊娠しているにも関わらず、妊娠検査薬の検査結果が陰性を指すことがあります。陰性と出ているにもかかわらず、早期妊娠の兆候がある場合は、一週間ほど後にもう一度妊娠検査薬で検査してみるようにします。

また、月経が順調な人でも子宮外妊娠や胞状奇胎(ほうじょうきたい)などの異常妊娠などの場合も陽性の反応が出ることもあります。この場合は特に遅くなった場合は大変な事態になりかねませんので、医師の診察が必要です。

妊娠検査薬には検査・判定の仕方などについて注意事項もありますので、使用説明書をよく確認の上使用するとともに、陽性の反応が出た場合は、必ず医師の診断を受けるということが必要です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2315