妊娠4ヶ月のお腹

妊娠4ヶ月頃になるとお腹も膨らみ始めます。胎児も成長も顕著になり、15週目の終わりごろには身長は16~18センチ、体重は120グラムほどになります。

骨や筋肉も発達し、人間らしい体つきになってきます。手足も少しですが、動かす様になります。内蔵関係もほぼ完成します。


お腹が膨らむ準備

妊娠4ヶ月にもなるとお腹は膨らみ始め、子宮は恥骨の上に出るくらいの大きさになります。つわり自体は少しずつ軽くなり、食欲が出てきます。今までのつわりの反動で食べ過ぎないように気をつけます。

お腹が大きくなり始めたら、妊娠線の予防を始める時期です。妊娠線を予防するクリームを購入し、お風呂上りにクリームでマッサージするようにしましょう。


妊娠4ヶ月になったらお腹のマッサージ

妊娠4ヶ月になったら妊娠線予防のクリームで以下のようにマッサージを行います。

お腹のマッサージ方法

  1. 下腹部から上に向かってゆっくりと手のひらで10回ほどマッサージします。
  2. お腹の中心から外側へと手のひらで10回ほどマッサージします。
  3. お臍の周りを時計回りにゆっくりと手のひらで10回くらいマッサージします。

お腹のためのマタニティーインナー

妊娠4ヶ月にもなると、お腹だけでなく乳房も大きくなり、今までの下着では苦しく感じるようになります。サイズを上げるのではなく、妊婦用に作られた専用の下着を着けて快適に過ごしましょう。

お腹のための妊娠帯・ガードル

妊娠4ヶ月以降は妊娠帯をつけるようにします。これは以下のガードルより緩やかな付け心地であるのが特徴です。ベルトつきのタイプだとお腹の支え具合を調整できるので妊娠4ヶ月以降も使えて便利です。

ガードルは、下からしっかり支えることで腰痛の予防にも役立ちます。また、パンツスタイルの時にスッキリ見えるのもこのガードルの特徴です。

お腹のためのショーツ

妊婦用のショーツはお腹をすっぽり包むのが特徴です。これはお腹が冷えるのを防ぎ、胎児を守るためです。洗い替えのことも考え、4、5枚は用意します。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2319