帯祝い

帯祝い」とは、妊娠5ヶ月の「戌(いぬ)の日」に安産を願って、岩田帯(腹巻)を巻く日本古来からの習慣の事を言います。岩のようにたくましい赤ちゃんが生まれますように、というのがそのいわれです。

犬は多産でありお産も軽いことから、その犬にあやかりたいという気持ちから「戌の日」に帯祝いのお祝いをするようになったといわれています。なお、岩田帯(腹巻)は妻の実家から安産の神様のお守りを添えて贈られるのがならわしです。また、仲人や子宝に恵まれた親しい夫婦から贈られることもあります。


帯祝いの儀式 

帯祝いに贈られる帯は絹の帯ですが、この絹の帯は帯祝いの日のみ使用します。翌日からは木綿の帯を使用します。

帯祝いで妊婦に帯を巻く人を「帯親(おびおや)」といい、仲人や子宝に恵まれた人に頼みます。帯親を頼まれた夫婦は、妻が妊婦に帯を巻くようにします。その後は、妊婦と夫、双方の両親や仲人、帯親などで帯祝いの膳を囲みます。

帯祝いの贈り方

岩田帯を贈るときには、紅白の絹地の帯と白木木綿の帯を贈ります。帯はそれぞれ三つ折りにして箱に入れ、奉書紙で包みます。水引は蝶結びの紅白のものを使用し、慶事のため「のし」をつけます。また、表書きは「祝い帯」「寿」「御祝」などとします。


帯祝いと腹帯(バインダー)を巻く理由

腹帯やバインダーを帯祝いの時や妊娠5ヶ月以降に巻くのは、以下のような理由からです。

  • 妊娠中期以降は、胎児が発育するにつれて、お腹が大きくなっていきます。お腹が大きくなるとどうしても姿勢が悪くなってしまいがちです。それらを防ぎ、正しい姿勢を保つために使用します。
  • 自分でどんなに注意していても、外部からの刺激やショックは避けられない場合があります。そのような時、腹部を保護することができます。また、お腹を冷やさないように保温するためでもあります。
  • 胎児が大きくなるにつれ、子宮も重みを増していきます。そうするとどうしても前かがみになりがちで、それが腰痛の原因にもなります。その腰痛を和らげるために使用します。

新式腹帯(バインダー)別の特徴

昔は帯祝いに贈られた腹帯を巻いていましたが、今では機能面を考えて新式腹帯(バインダー)を巻くのが普通になっています。バインダーには「ストレッチタイプ」、「ガードルタイプ」、「コルセットタイプ」があります。それぞれに特徴があり、使い勝手もそれぞれです。

ストレッチタイプの腹帯(バインダー)

全体が柔らかいストレッチ素材でできているため、大きくなるお腹に自然にフィットします。締め付け感が少ないのが特徴です。

ガードルタイプの腹帯(バインダー)

ガードルタイプにはお腹の部分がサポート部分が固定されたもの、サポート部分にマジックテープがついていて調整できるもの、足ぐりがハイレグのもの、ももまでのものなど種類が豊富です。体のラインがスッキリ見えるのが特徴です。

コルセットタイプの腹帯(バインダー)

コルセットタイプも、お腹の部分が二重になっていて調整可能なもの、腹巻タイプで収縮性があるもの、お腹までをサポートするものなど種類が豊富です。基本的に着脱が簡単で、汗の吸収性がよく、冬暖かいという特徴をもっています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】